日本の言語表記についての基礎情報

常用漢字

「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための漢字使用の目安」として定められている漢字表。2,136文字について、字体と音訓や語例が示されている。平成22年(2010年)に改正され、昭和56年内閣訓令第1号に取って代わった。

現代仮名遣い

「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための仮名遣いのよりどころ」として定められているもの。

人名用漢字

「常用漢字表と人名用漢字表に掲げられた漢字は,いずれも子の名に使用することができます」として、人名用漢字表が提示されています。

ローマ字

文字コード

JIS X 0213を中心とした文字コード規格の情報はJIS X 0213 Wikiを参照。

プログラマのための文字コード技術入門』(技術評論社) 第3章も。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/618

コメントする

最近のブログ記事

Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…
電子マネーiDの良さが今更ながら分かった
iDとはどんなものか 電子マネーというと…
書家の第3水準漢字が文字化けするわけ
北海道南部の松前町は、20世紀日本の書家…

広告