読書の最近のブログ記事

笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 (NHK出版新書) を読みました。

漢字は古代中国から渡ってきたものですが、日本では中国とは異なる使われ方やとらえ方をされているということが分かります。中国では音が重要なのに対し、日本では言語としての音とは別に意味を表すという傾向が示唆されます。本書の例でいえば、料金表の「大人・小人」のような「小人」は何と読むのか分からないが意味は通じるといった具合です。

現代の漢字の簡略化でも、中国のそれは文字の音が重視され、発音の同じで画数の少ない文字を借りて簡体字とすることがしばしばあります。例えば中国の通貨の「元」ですがこれはもとになっている漢字「圓」と同じ発音の「元」を借りたもので、字の形を略したものではありません。日本では「圓」の字の形を略した「円」になり、韓国では「圓」の読みのウォンを採用するけれども漢字はもう使っていないという、同じ字がベースになっていても三者三様のあり方が見て取れます。

本書に挙げられている別の例で言えば、現代中国で「穀」を「谷」とするのもやはり音による簡化で、一方、日本語では「たに」「や」など地域により異なる音で同じ概念をもつ言葉に「谷」をあてるという (東京の「渋谷(しぶや)」のように、「や」は関東地方に多い言い方)、異なったあり方になっています。

さらに、同じ言葉でありながら字面の雰囲気で文字を選り好みするという傾向も日本独自のものとしてみられます。「ひざし」という語について「日差し」「日射し」などの表記のイメージを学生に調べたことが述べられています。また人名ともなると、文字のイメージやさらには文字を構成要素に分解してのイメージによって使われることもあり、日本の漢字は表語文字・表意文字から離れて「表イメージ文字」とでもいうべきものになりつつあるのではないかと述べられています。

字の構成要素を文字そのものよりも重視するようになるととんでもない勘違いのもとになります。本書の例では、「月」と「星」のイメージから子供の名前に「腥」という字を使おうとしたという話があります。勿論これは「なまぐさい」という字です。

本書は実に様々な例を持ち出しているのですが、私が面白いと思ったのは歌についてです。流行歌の歌詞において「ジャスミン茶 (ティー)」のように漢字に独特なルビを振るのは、本来的に声として聞かれるべき歌詞でこうしたことが行われるというのが面白い現象だと思いました。歌詞の表記を凝ったとして聞き手にそのこだわりが届くものでしょうか。ちなみにコスモスという花を「秋桜」と書くのは流行歌から普及したのだそうです。

漢字・平仮名・片仮名という3種類の文字を使い分ける表記体系において字面のイメージを全否定することはできないとしても、文字の本分として、辞書的な意味、語義というものを重視した運用にしていかないと、言語表記がいたずらに煩雑化してなおかつ大した意味がない、ということになりかねないのではと懸念します。

ちょっと長い書名の本、『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(鷹野凌著、インプレス刊)を読みました。なぜいま著作権か、というと、他人の著作権を自分が侵害してしまう可能性も、また逆に自分の著作権を他人に侵害される機会も増えているからです。

なぜ読むべきか

「クリエイター」というと、絵を描いたり作曲したり小説を書いたりといった活動を思い浮かべるでしょうか。当然それらも含まれますが、当サイトのようなブログの文章であったり、あるいは私が時々紹介しているようなデジカメで撮影した写真、あるいはコンピュータのプログラム、そうしたものもれっきとした著作物です。当ブログをお読みの方の中にも、いわゆる「クリエイター」という肩書きでないとしても、そうした著作物を産み出す活動を趣味や仕事でされている方は少なくないと思います。

そして今時は著作物の生産にしろ配布・流通にしろ、コンピュータとインターネットが大きく関わっている。そうすると、著作権を思わず侵害してしまう可能性も、逆に自分の権利が知らないところで侵害される機会も、大変多くなるわけです。

だから、他人の権利を侵害しないためにも、また自分の権利を守るためにも、著作権の知識はとても重要です。

本書を読んでみて

表紙の絵の雰囲気のように、やわらかいノリで書かれているので、基本的な知識をすでに持っている人ならサクサク読めるでしょう。

といっても程度が低いということではなく、知らなかったことも色々載っていたので、読んでみるときっと新しい発見があるでしょう。本書によると著作権侵害の罰則は窃盗罪よりも重いのだそうですよ。出所明示義務違反が非親告罪というのも初めて知りました。

きちんと構成を考えて編集された本というのは全体像をつかむのにすぐれていて、その点では断片的な情報を捕まえがちなネット検索はまだ全然太刀打ちできないと思います。本に書かれていること全部を理解しないまでも「まだこの辺に自分の理解していないところがある」ということを認識しているだけで、適当なネット検索で理解したつもりになっているよりはずっと進歩したといえるでしょう。著作権についても、上映や演奏のように自分とあまり関係ない分野については私は正直きちんと理解してはいませんが、もしそういう方面に関わる機会があったら「この辺は要注意、詳しく調べるべし」というアラームが頭に上がるようにはなったと思います。そういうことが本を読む意味のひとつでないかと思います。

本書はインターネット時代らしく、他者に自分の著作権を侵害された場合、つまり無断転載への対処についても一章を割いて書かれています。相手に直接言ってみる、サービス事業者へ報告、GoogleへDMCA侵害申請、といった手段が書かれています。「サービス事業者」というのがちょっと分かりにくいですが、レンタルサーバなどの事業者のことでしょう。実は今の私はここに一番興味があります。この前も書きましたが「旅行キュレーションメディア」による著作権侵害、写真の無断転載、パクリの問題です。

関連:

おわりに

著作権を知ることは結局、自衛のために必要なのだと思います。自分の権利が侵害された場合の対処も当然ありますし、さらには、自分が他者の権利を侵害しないこともまた、自らを守ることにつながります。

飯間浩明『辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術』(PHP新書)を読みました。著者は三省堂の国語辞典の編纂に携わっている方です。

言葉の話というと「この言い方は正しい、正しくない」という議論を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、本書はむしろそういう「こう言ったら間違い」みたいな短絡的な話には距離を置いています。

また逆に「最近はみんなこう言っているからこれでいいんだ」みたいな(私に言わせれば)乱暴な話とも少し違います。

私の見方では、本書の特徴は、言葉の使い方が状況に照らして理にかなっているかどうかを吟味していることだと思います。もっとも、あまりかしこまったものではなく、全体的に穏やかなトーンが印象的で好ましく感じられます。

連載をまとめたものなので言葉についての様々なテーマを扱っているのですが、中でも『「普通のことば」が味わい深い』というくだりはなかなか真似できない、すぐれた観察力によるものだと思いました。興味のある方は是非読んでみてください。

文字の形についても少し触れられています。手書きと印刷の形の差に言及して、活字の形は必ずしも手書きの形と同じでないこと、手書きの場合に活字の形を手本にするのは適当でないことに触れられています。財前謙『新常用漢字196 ホントの書きかた』(芸術新聞社)を紹介してもいます。この本は私も読んで面白いと思ったので、文字の形に興味のある方はこちらも読んでみてください。

漢字と仮名の使い分けについて書かれたところもあります。これは正解があるわけでなく、人によってそれぞれ異なった考え方のあるテーマです。そのうち、私自身の方針についても書いてみたいと思います。

1990年代は文字コード論の盛んな時期でした。不毛な部分も結構あったと思うのですが、JIS X 0208:1997とJIS X 0213:2000を生み出したことは大きな成果でした。この2つの成果物は文字の符号化とはどういうことかを根拠に基づいてきちんと真面目に考察した結果でした。とりわけJIS X 0208:1997の規格票の「解説」は洞察に富んでいます。

それから15年経った今、当時の考察や洞察がきちんと活かされているのかなと疑問を感じることも少なからずあるように思います。

先日、楠木建『経営センスの論理』を読んでいたら面白いくだりがありました。

「言われてみれば当たり前のこと」と「言うまでもないこと」は違う。言うまでもないことであれば言わない方がよい。言われてみれば当たり前のことでも、その本質部分の理解が十分でなければ、言われるまではついつい見逃してしまう。

文字コード、あるいは文字については、「言われてみれば当たり前のこと」だけども「ついつい見逃して」いることが多いのではないかなと思います。そういうところはきちんと言語化して継承していく必要があるのではないか。

15年前には割と多くの人が知っていたのだけども最近はそうでもないんじゃないかというようなこと、あるいは言われないとなかなか気付かないようなことであって、なおかつ文字コード(あるいは文字そのもの)の理解のために重要であるようなことを、このブログでも書き留めていこうかなと考えています。

書店をぶらぶら歩いていて、新潮文庫のところで目がとまりました。吉川英治『三国志』。

去年刊行されていたことには、平積みにされているのを見て気付いていました。そういえば以前は講談社文庫で出ていたのですが、吉川英治の著作権が去年切れたので、それで新潮文庫からも出たのかなあと思って手に取って奥付を見てみました。1巻が2013年2月の発行になっているので、きっとそうなんだろう。

......と、それよりも目を引いたのが、監修と解説が渡邉義浩先生になっていること。おお、これは注目。

同じ著者の本を当ブログでこれまで二度取り上げたことがあります。

これらの本が大変面白かったので、この文庫の解説にも期待が持てます。

各巻の解説だけまとめて、電子書籍として数百円で販売されていたらきっと買うんですが...。いかがでしょうか新潮社さん。

昆布という地味な海藻から、これほど日本の文化と歴史を語ることができるものかと思わせるのが、奥井隆『昆布と日本人』(日経プレミアシリーズ)でした。

昆布は京都や大阪といった関西の料理によく使われます。また沖縄でもよく食べられるそうです。昆布の商人(本書の著者がそうなのですが)は北陸にいます。しかし産地はほとんど北海道です。

関西、沖縄、北陸、北海道。江戸時代の北前船がこれらの地域を結びました。産地の北海道から北陸を通って消費地の関西へ通じるのはもちろん、薩摩藩が沖縄を介して清国と昆布の密貿易を行って財をなし、明治維新の原動力になったとさえいわれます。北へ南へ、ダイナミックな海上活動が想起されます。

昆布自体の歴史は古く、かつては朝廷への献上品であり、貴重品だったために神事や仏事にも用いられ珍重されたということです。また肉を食べない仏教寺院の精進料理に重要な役割を果たしてきました。日本の食文化を豊かにしてきたといっていいでしょう。本書には、著者の会社が昆布をおさめている福井県の永平寺における、修行としての食事について紹介されていて印象的でした。単に食べておいしいかどうかというだけでなく、仏教の精神文化にまで昆布からたどりつくことができるわけです。

戦後の食生活の変化や東京進出の困難、フランスの料理人に昆布を紹介するといった波瀾に富んだエピソードもあわせて (そう、だからこの本は、逆境に立ち向かう昆布商による「昆布戦記」だということもできます)、昆布の奥深い背景を面白く読める本でした。だしという和食の重要なエッセンスを担う昆布を知ることには大きな意味があるといえるでしょう。

大人の三国志

| コメント(0) | トラックバック(0)

三国志は日本でも大変人気の高いストーリーで、小説、漫画、ゲームなど様々な媒体で親しまれています。私も中学生の頃に吉川英治による小説を夢中になって読みました。同じような経験をした人も多いでしょう。

かつて三国志に熱中したことのある方には、渡邉義浩『三国志―演義から正史、そして史実へ 』(中公新書)がおすすめです。今までと違った角度で三国志の世界を見ることができるでしょう。

本書は、小説としての三国志のもとである『三国志演義』と、西晋の陳寿によって編纂された歴史書(いわゆる正史)の『三国志』とから歴史の実態に迫ろうとするものです。

注意が必要なのは、「正史」の記述が絶対ではないということです。『演義』が多くの虚構を含んでいるのは当然としても、陳寿の『三国志』自体もまた、書き手の意図や思惑のもとに編まれたものであって、別段中立公正なものとは限らないのです。「正史」とは「正しい歴史」のことではなく、国家の正統を示すための歴史なのだと本書の著者はいいます。『三国志』ならば、作者の陳寿が仕えた晋の正統性を示すことが目的となっているわけです。なので、まるっきりの虚構をでっちあげることはしないまでも、その歴史書の目的のために、記す材料を取捨選択したり、人物に対する評価が偏向していたりということはあり得るということです。

本書は後漢末の時代背景や、陳寿が『三国志』を記した西晋の時代背景、また『演義』が成立するまでの思想的な背景なども説明しながら、登場人物がなぜこのように描かれているかといったことを解き明かしていきます。

本書の説明によって、中国における歴史文化の特徴も垣間見えてきます。それは、歴史とは単に事実関係を記すことが目的なのではなく、誰が正しく誰が間違っているか、あるいはどの国が正しいか、という、価値判断を下すことが重要なのだという、独特な態度です。歴史に対してそういう態度をとっていることを知ると、現代の中国の政治家のいう「正しい歴史」なる言葉も単なる過去の事実という通常の意味ではとらえられないと気付かされます。

また、本書の本題とはあまり関係しないことながら、興味深く思えたことがあります。諸葛亮による北伐が、早くも東晋代には、外国に占領された中原を回復する希望と重ね合わせて見ることが始まっていたということです。また、唐の安禄山の乱によって首都を占領されたときにも同じ見方がなされているとのこと。後代における、女直の金と戦った南宋の岳飛を英雄視することや、はたまた今日の中華人民共和国政権が主張する所謂「偉大な中華民族の再興」と通じる、漢民族ナショナリズムの一つの型を形成しているのだろうと思えます。

本書の第1章の題は「演義と正史 それぞれの限界」、第2章は「二袁の真実 「漢」の重みと簒奪」となっています。第1章は前提として分かりますが、その次の章、いわば本題の最初のところで、袁紹と袁術という、あまり魅力的でない人物が出てくるのが意外な感じがします(後の章では、曹操や関羽、諸葛亮といった主役級の人物が出てきます)。

しかし、この第2章は当時の思想的な時代背景を理解する上で大変重要な役割を果たしています。なぜ三国志の物語において袁術は雑な扱いを受け、徹底的に貶められているのか。その理由は「「漢」の重み」を無視した故であることが明らかにされます。そして「「漢」の重み」は以降、本書を貫くテーマとなり、最終章で振り返られます。見事な展開でした。

私は1年半くらい前からSony Readerを使って電子書籍を活用していますが、それでも、書店の実店舗というのは、本を発見する場として一日の長があると感じています。

先日、本屋の店内を歩いていたときに、視界の端に入ったこの本が、強烈に注意を引きつけました。まずは、次の書影をご覧いただきたい。(Amazonへのリンクなので、FirefoxのAdBlock Plusをお使いの方は表示されないかもしれません)

これ、見覚えありませんか。何か見たような気がするけど、なんだっけ、と思う人もいるでしょう。

何かといえば、ノストラダムスを紹介して一躍大ヒットになった本をパロディにした表紙なのです。元の本では「大予言」となっていた字のところを「大百科」にしている。書体も当時のものに合わせていて、全体の雰囲気を再現することに成功しています。

本書『ぼくらの昭和オカルト大百科』(初見健一 著、大空ポケット文庫)がどういう本かというと、70年代のオカルトブームを振り返るものです。当時は、今から見れば異常というくらい、テレビや雑誌などでオカルトものが取り上げられていました。UFO、雪男、ネッシー、超能力、心霊現象、などなど...。

当時子供だった人は「メディアというのはそういうものだ」と受け入れていたかもしれませんが、今の状況と比較して考えてみれば、いや、あの頃がヘンだったのだ、と思い至るのではないでしょうか。午後8時のテレビ番組でUFOやら超能力やらをやってたなんて、今の時代にはちょっと考えられない。

1973年という年は、ノストラダムスの大予言の本が出て、その他各種のオカルトねたが一斉に世の中を賑わすようになった、特異な年だったようです。その後、70年代を席巻したオカルトブームは、80年代にもまだ尾を引くものの次第に下火になり、90年代、オウム真理教事件によって終息することになる。

オカルトものの受け止め方は、ブームの当時何歳であったかによっても異なるかもしれません。本書の著者は、ブームの当時にちょうど小学生であって、ブームを真っ向から受け止めた世代ということになります。

本書はUMA、UFO、超能力、心霊現象といったジャンルごとに、どんな出来事が世間を賑わしたのか、そしてどんなふうに消えて行ったかを記しています。これ一冊でオカルトブーム全体の見取り図が得られるという、包括的な理解のために役に立つ本です (包括的に理解して何の役に立つのか、というのはおいとくとして)。

2012年の現在から振り返るという本ですから、どのジャンルについても、控えめながらも茶化すトーンが端々に見受けられます (まあ、茶化す以外にどうするというのかという気もしますが)。ただ、著者自身が子供時代にオカルトブームの中でどんな体験をしたかというのも、理解のための補助線のような位置づけで、当時の気持ちを交えて書かれている。そこには不思議なものに興味を引かれる少年の一般的な気持ちや行動が見えるのが好ましく思えました。単に茶化すだけでなく、不思議なものへの純粋な好奇心、あるいは一種の愛情が感じられるわけです。

オカルトブームの変質や消えていく時期に味わった少年の失望感というのも感じられて面白い。だからこの本は、純粋な好奇心をひきつけた(いわば)商材が、いかに変質して支持を失ったかの例として読むこともできるでしょう。

当時を覚えている人は、本書を読んで「あーそういえばこんなのあったねー。あったあった、なつかしー。今じゃ考えられないね」と楽しめばいいし、80年代以降生まれの若い読者でも、かつてこんな時代があったんだ、今でも話に聞くアレはそういうものだったのか、と、謎が解けるのではないかと思います。

肩の凝らない読み物として大変面白く読めましたし、今まで言葉だけ聞いたことあってもよくは知らなかったこと (あえて知ろうとも思わなかったこと) もいろいろ分かって良かったです。本屋での衝動買いでしたが、私にとってはなかなかのヒット作でした。

eBookJapanは漫画の数の多い電子書籍販売サイトですが、あるときふと、ここに「レース鳩0777(アラシ)」(飯森広一 作)があることに気付きました。

この漫画は、鳩レースを扱った、一風変わった作品です。伝書鳩というのは、かつては通信文などを運ぶ実用のための存在でしたが、その鳩を使ったレースがあるんだそうです。

子供のころに途中まで読んだことがあって、面白く読んでいたのですが、理由は分かりませんが途中までで読むのを止めてしまっていました。たぶん、買うだけの小遣いがなかったか、近所の書店に置いてなかったか、といったところではないかと思います。

確か、私のいとこの家にこの本があって、遊びに行ったときにたまたま見つけて読ませてもらったら夢中になって読み始めて、それでいとこが「そんなに気に入ったならあげるよ」と、何百円もする高価な (←子供の感覚) 本を気前よくくれたのだと記憶しています。

そういう思い出の作品が今、電子書籍という形で、部屋の中で寝転んだままポチッと購入できてしまうわけです。

これはぐらっときます。

eBookJapanは同じシリーズの作品は1巻から最後までまとめて表示されて、ご丁寧に「全選択」ボタンが用意されています。こういうところはよくできている。全巻まとめて大人買いしてしまいそうな勢いです。まだ買ってないけど。

思うに、こういう「なつかし需要」というのはそれなりにあるのではないでしょうか。CDでも、80年代のヒット作を集めた企画もののアルバムとかありますね。電子書籍は場所をとらないので、なつかし漫画の大人買いなんてうってつけでしょう。(いくらなつかしくても、本棚の幅を何十センチ消費するとかだと、住宅事情の面でつらいものがある。住宅は大人にならないんですかね)

別の作品はどうだろうと考えて、昔コロコロコミックで連載されていた「あばれ! 隼」を検索してみたのですが、こちらは漫画6万冊以上を誇るeBookJapanにもありませんでした。

これがどんな漫画かというと、野球漫画なんですが、大人の目から見るといろいろツッコミどころが満載であったようで、子供のころとは違う楽しみ方ができそうです。

まあ、漫画はぶっとんでいたほうがいいんじゃないでしょうか。キャプテン翼のような有名作品にもかなり無茶なのがありますしね、スカイラブハリケーンとか。リアリティと面白さのどちらかを選ぶなら当然後者でしょう、漫画ですから。

そんなわけで、電子書籍で子供のころに読んだ漫画を再訪してみるのもいいのではないでしょうか。

(余談ながら、というかこれが余談でいいのかという気もしますが、eBookJapanはDRMが結構きついので、もう少しなんとかならないかなーとは思います。「トランクルーム」というサーバ上の保管場所を介して複数の端末に移動できるのですが、3台までという制限がある上、同時に複数の端末に存在できないようになっています。これはありがたくない。もしかするとDRMがきついからこそ多数の作品を集められているという論理なのかもしれませんが...)

例えば、終了という意味の英単語といってまず思い浮かぶのは、中学生どころか小学生でも知っている「end」ではないでしょうか。しかし、ソフトウェアを「終了」するメニューやコマンドは普通、「exit」や「quit」といった言葉が使われます。決まり文句であるわけです。

日本人は英語が苦手だとよくいわれますし、それは実際そうなのでしょうが、こうした決まり文句を知っているだけで解決する問題も少なくないのではないでしょうか。

西野竜太郎『アプリケーションをつくる英語』(達人出版会)は、アプリケーションソフトウェアにおけるこうした英語の決まり文句を教えてくれる本です。

アプリケーションのユーザーインタフェースやメッセージに使われる英語について、こういうときはこういう言葉を使うという、定石というべき表現が解説されています。ソフトウェアを開発する人には、ぜひ活用してほしいと思います。

ログイン画面に何と表示するのか、入力フォームのラベルや注意書きは、エラーメッセージをどう書くか......など、場面に応じた表現が、例文つきで紹介されています。こういうのは、悩むよりも例文を真似した方が早いですね。

単に英語の一般的な意味や書き方だけでなく、著名なOS等で使用されているスタイルについて解説されているのも参考になります。例えば、入力値が間違っているときのエラーメッセージとして「illegal」という表現が使われることがありますが、あるベンダのガイドではこの言葉を避けてincorrectなどの言葉を使うよう推奨しているということです。また、単語の先頭を大文字にするcapitalizationの規則など、普段あまり気にしないようなところ(しかし英語に慣れた人には気になるところ)の説明もなされています。

英語が苦手な人はもちろん、英語をよく話す人にとっても、ソフトウェアにおける標準的な言い回しやユーザーインタフェース上での表記のスタイルを知るために有益だと思います。

本書は電子書籍として、PDFとEPUBのフォーマットで提供されています。ですから、PCの上で、EclipseやEmacsといった開発環境を開いているのと同じ画面で、参照や検索をすることができます。これはとても便利ですね (紙で読みたければ、紙版がインプレスジャパンから発行されています)。DRMがかかっていないので、書籍が自分の端末から遠隔消去されてしまうということもありません。購入者の情報がファイルに埋め込まれるソーシャルDRM方式なので安心です。

個人的なことですが、達人出版会は私の学生時代の先輩がやっている会社なので、私情の面からも(?)応援したいと思います。

こちらのITmediaの記事も興味深いです:

最近のブログ記事

名前も言葉である
田中克彦『名前と人間』(岩波新書)は、私…
どうだったのか?! 中国史
沖縄県の尖閣諸島を巡る中国の問題が注目を…
「中国」という自称
川島真『近代国家への模索 シリーズ中国近…
魏志倭人伝と「歴史」文化
「邪馬台国」がどこにあったのかというのは…
予見できた苦境
OEMや工場移転によって生産基地を安い…

広告