アニメ「シュタインズ・ゲート」における文字コード技術入門

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前,何年も前ですが,アニメ「シュタインズ・ゲート」に拙著『プログラマのための文字コード技術入門』が映っているらしいという話を書きました (「祝・アニメ出演!?」)。

Netflixの動画配信にこの作品があったので試しに見てみたら,確認できました。

DSC_0852.JPG

刷り込み帯まで忠実に描かれていますが,著者名は現物とは違うものになっているようです。

続編の「シュタインズ・ゲート ゼロ」にも引き続き出演していました。

DSC_0880.JPG

よく見ると背表紙では微妙に書名が変わっています。少し違う世界線なのかもしれませんね。

「シュタインズ・ゲート」のアニメ放送は2011年ということで,本書初版が発売された翌年にあたります。作中には,今では少々古く感じられる2ちゃんねる語が頻出しているのは時代を感じます。当時でもだいぶ古いPCであるX68000 (1986年)やFM TOWNS (1989年)が描かれているのは作者の趣味でしょうか。

続編「シュタインズ・ゲート ゼロ」は2018年放送とのことで,拙著の改訂新版はこの年の年末に店頭に並びました。その時期にも初版を登場させてくれているのはありがたいことです。もっとも作中では前作から半年くらいしか時間が経っていないので,同じ本が出てくるのは自然なことですが。

作中に描かれているのは初版なので,現在発売されている改訂新版とはデザインが少し異なります。改訂新版の見た目は下のようになります。

初版の画像もご参考まで掲げておきます。何の参考になるのかはよくわかりませんが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/656

コメントする

最近のブログ記事

Javaと Pythonの識別子の仕様を比較する
前の記事で,Pythonの識別子のUni…
Pythonの識別子における Unicode文字
プログラミング言語Pythonで,変数名…
アニメ「シュタインズ・ゲート」における文字コード技術入門
以前,何年も前ですが,アニメ「シュタイン…
仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…

広告