テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレワークの問題点

新型コロナウイルスの影響でテレワークの日々が続いています。毎日在宅で仕事をしていて思うのは,職場というのは仕事に適したつくりになっているのだなということです。私含め首都圏のように住宅事情が狭小であったりすればなおさらです。

換気というのも一つの問題です。事務所などの建物は法的に空気管理の基準が定められているそうですが,さて自宅だとどうなんだろうなという疑問が生じます。もしかして良くない空気環境で仕事をしているのでは? 少なくとも,仕事に適した基準に沿うように自分で空気を管理している意識はありません。

二酸化炭素をモニターする

今回,自宅の仕事環境の改善を目指して二酸化炭素濃度のモニターを購入しました。なんだかんだいって,ネットで見て面白そうと思ったので買ってみただけというのが真相です。

私が購入したものはカスタム (CUSTOM) CO2モニター CO2-miniです。 USBから電源をとって動きます。電池は内蔵されていないので,ケーブルを外すと動作しません。作業用のPCにつないでおいてもいいかもしれません。気温とCO2濃度が時々入れ替わって表示されます。説明書のどこにも書かれていませんが,データをコンピュータに吸い上げる機能もあるらしく,ウェブを検索するとプログラムを書いてみたというような情報が出てきます。

ランプはCO2濃度に応じて緑・黄色・赤の3種類が点灯します。緑は800 ppm未満,黄色は1,200 ppmまで,赤は1,200 ppm以上です。事務所の衛生管理では1,000 ppmが基準となっているそうです。屋外だと400 ppm前後くらいらしいです(参考)。

DSC_0512.JPG

在宅テレワークで試してみる

自宅で試していたところ,夕方から夜にかけて1,000から1,200 ppmくらいまで上昇するようです。窓を2箇所開けると効果覿面,ものの数分でガバッと下がります。1箇所開けて換気扇を回すのでもかなり改善します。窓を開けずに換気扇でもまあまあ下がります。数字の変化を見ていると面白い。

私の自宅で試した範囲では,窓を閉めて放置しておいてもそんなに能率や健康に影響ありそうではありませんでした。先のリンク先には2,500 ppmを越えると仕事のパフォーマンスが下がるという研究結果が紹介されていますが,うちでそこまで上がることはなさそうです。なので,あまり神経質に計り続ける必要は多分ないのでしょう。

もっとも,換気の効果はCO2以外にも湿気やにおいやウイルスなどもあるでしょう。換気のための動機付けとしてCO2濃度を測るのは良いのではないかと思います。それに,窓を開けて数値が下がるのを見ると,手軽に達成感が得られて気分転換にもなりますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/653

コメントする

最近のブログ記事

朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…
National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
情報処理学会から山下記念研究賞を頂いた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…

広告