名字の第3水準漢字:「㞍」

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日テレビを見ていたら、人名の名字にJIS第3水準漢字が映っていました。

「野㞍」と画面に映っていました。「のじり」という名字だそうです。この「㞍」はJIS X 0213の第3水準、面区点番号1-47-63です。「尻」の異体字ですね。UnicodeではCJK統合漢字拡張AのU+378Dにあります。最初に作ったCJK統合漢字にはなくて後から追加されたということになります。

漢字において点の有無は別字になることもあればならないこともあります。単に運筆の調子を整えるために点を打つこともあるそうで、そういう習慣を知らないと特に意味のない形の違いで悩んでしまいそうです。今回の「㞍」がどういう経緯で成立したかは知りませんが、そうしたものの一種かもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/643

コメントする

最近のブログ記事

名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…

広告