電子マネーの優先順位を考える

| コメント(0) | トラックバック(0)

このブログを電子マネーとクレジットカードの情報サイトにするつもりはないのですが、最近考えていることを少し整理。

電子マネーが増えていてスマホに色々入れることができるのですが、あまり多いのも無駄が発生するし管理の手間がかかるので考えものです。私もつい新しいものを試してしまうのでスマホの中が肥大化しがちです。そこで優先順位をつけて考えたい。以下は私なりに考えた優先順位とその理由です。何かの参考になれば幸いです。なおここではおサイフケータイのようにスマホ・携帯電話に入れることを前提としています。

最優先: iD または QUICPay

この2つはポストペイ型と呼ばれるもので、要はクレジットカード決済をスマホのタッチだけで行うものです。チャージしないで使えるので最も使い勝手が良い。また、チャージによるリスクもありません。(ここでいうリスクについては別記事参照: 「電子マネーiDの良さが今更ながら分かった」)

iDはNTTドコモと三井住友カード、QUICPayはJCBという違いがあります。手持ちのカードによってどちらを (あるいはどちらも) 使えるかが変わってくるでしょう。ちなみにiPhone の Apple Pay (Apple版おサイフケータイ) ではクレジットカードを使うのにiDかQUICPayを使うことになります。

次点: 交通系 特にSuica

iD・QUICPayで全て済めばいいのですが、そういうわけにもいかない。電車に乗るのにiDでは改札を通れないので交通系ICカードが要ります。

スマホに入れるのにはモバイルSuicaしかないようです。カードを別に持つならICOCAやKitacaなどでも。

オプション: 流通系 nanaco, WAON等

流通系電子マネーという言い方があるかどうか知りませんが、セブンアンドアイのnanacoやイオンのWAONのようなものを意図しています。こういうのはスーパーによって割引の日が設定されていたりします。nanacoは8の付く日にイトーヨーカドーで5%オフ、WAONは20日・30日にイオンなどで同様に5%オフになるなどの特典があります。

このカテゴリの電子マネーは特に必要というわけではありませんが、自分のよく使う店に応じたものを持つのも良いでしょう。

おわりに

この手の電子マネーやクレジットカードには何やかやと誘惑されるような特典があったりしますが、カードが増えたために却って手間が増えては本末転倒ですし、チャージした電子マネーの種類が多いほど「チャージしたけど使ってない」金額が増えることになってしまいます。ポイント還元率のちょっとした違いなどはあまり気にせず鷹揚に構えて、あまり振り回されない方が結果的に得かもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/638

コメントする

最近のブログ記事

Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…
電子マネーの優先順位を考える
このブログを電子マネーとクレジットカード…
電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…

広告