電子マネーiDの隠れたお得

| コメント(0) | トラックバック(0)

iDというのはSuicaやEdyのようなチャージして使う電子マネーと比べてあまりメジャーでない印象があるのですが、要するに自分のクレジットカードの決済をスマホのタッチひとつで行うものなので、チャージ不要で便利なものです。

使ってみると実は色々お得が隠されていることに気付きます。

dカードminiとローソン

dカードminiというものがあります。ドコモの携帯電話やスマホにちょちょっと設定するだけでiDが使えるようになるものだそうです。私は全然知らなかったのですが、これには意外なお得メカニズムが隠されています。

普通、iDを使うには自分のクレジットカードの会社に申し込んでiDのための番号を発行してもらう必要がありますが、dカードminiの設定をするとそれなしにiDが使えるようです。クレジットカードを登録しないなら請求はどうするのかというと、ドコモの携帯料金と一緒に請求されます。

ここでドコモの料金をクレジットカードで支払っていると、dカードminiの買い物もあわせた分だけクレジットカードのポイントが付きます。なおかつ、dカードminiの買い物200円につきドコモのdポイントが1ポイント付きます。両方のポイントが付くわけですね。これは普通のクレジットカードでiDを使う分にはない利点です。

なおかつ、ローソンとdカードのタイアップがあって、いつまでなのかは分かりませんがdカードでローソンの買い物が3%オフというキャンペーンがあります。これはdカードminiにも適用されるので、ローソンをよく使う人には良いでしょう。

ただしdカードminiは1か月に使える金額が最大でも3万円だそうなので、あくまでも「mini」なのでしょう。

セゾンiDで永久不滅ポイントが2倍、セブンイレブンだとさらに...

セゾンカードはiDに対応しています。セゾンカードで買い物をすると付与される永久不滅ポイントが、iDでは2倍になります。iDを使うだけでセゾンカードが高還元カードの仲間入りです。

あと、なかなか不思議に感じたのですが、セゾンカードをセブンイレブンやイトーヨーカドーで使うと、永久不滅ポイントとは別に、自分のnanacoにポイントが付く、というサービスがあったりします。nanaco番号をあらかじめウェブサイトから登録しておく必要があります。各種ウェブサイトの情報によると、セブンイレブンでは決済にiDを使ってもこのnanacoポイント付与の対象になる、ただしイトーヨーカドーではならない、ということだそうです。何でこういう違いがあるのかは知りませんが、セブンイレブンではセゾンiDを使うと永久不滅ポイント2倍なおかつnanacoポイントが付く、ということのようです。クレジットカードの世界は不思議が多い......。

iDバリュー

これは三井住友VISAカードでiDを使う場合のサービスらしいのですが、キャンペーン特典やカードのポイント交換でキャッシュバックされるような時のポイント残高のようなものと思えば良いでしょう。iDの請求額と相殺されます。例えばポイント交換でiDバリュー500円分をもらって、当月のiD請求額が2000円だったら、500円を引いて1500円が請求されます。ただしiDバリューには3か月といった有効期限があるのでそれまでiDの請求がないと無効になってしまいます。

おわりに: もっとアピールしても良いのでは

iDはせっかくの良いサービスなのにアピールが不十分という印象があります。頑張れiD!

以前もiDについて書いたことがあります。興味を持った方はこちらもどうぞ:

(追記) 電子マネーについては下記の書籍が面白い読み物でした。興味のある方はどうぞ:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/637

コメントする

最近のブログ記事

Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…
電子マネーの優先順位を考える
このブログを電子マネーとクレジットカード…
電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…

広告