Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録

| コメント(0) | トラックバック(0)

Unicode 10.0が2017年6月20日にリリースされました。今回は8,518文字が追加されています。

日本語話者にとって最も関係しそうなのは変体仮名の導入でしょう。

変体仮名とは

現在、平仮名は1音につき1文字ですが、以前は同じ音に対して複数の書き方がありました。例えば、平仮名の「か」は漢字「加」が元になっているもので、これ以外に「か」と読む平仮名はありませんが、かつては「可」を元にした仮名も使われていて同じく「か」と読まれました。そうした複数のバリエーションがあった仮名を明治時代に標準化したものが今の平仮名です。このとき採用されなかった異体が変体仮名と呼ばれるものです。

変体仮名は今日では文章を綴るのには使われませんが、そば屋の看板などで装飾的に用いられることがあります。

Unicodeにおける変体仮名

変体仮名はUnicodeではBMPでなく面01に配置されました。U+1B000-1B0FFのKana SupplementブロックおよびU+1B100-1B12Fの Kana Extended-Aです。例えば先ほど例に挙げた「可」に基づいた「か」は符号位置U+1B019にあり、文字名はHENTAIGANA LETTER KA-3とされています。読みを「KA」のように示して、複数ある異体は数字で区別されています。全部で285文字の変体仮名が収録されています。

符号化の方式としては、単純にひとつの符号位置にひとつの文字が対応する形になっています。複数の読まれ方をする字がありますが(例えば「惡」に基づく字、「あ/を」)、こうしたものもひとつの符号位置にのみ置かれ、読みが違うからといって重複して配置されてはいません。標準化の途中の段階では、音価に相当する符号位置を与えて異体字セレクタのようなもので変種を示すといった案もあったようですが、最終的には扱いやすい形式に落ち着いたことになります。

漢字の追加も

今回、CJK統合漢字拡張Fが追加されています。7,473文字と結構大きな追加です。使う機会があるかどうかはまた別の話ですが......。

拡張Fのコード範囲は2CEB0-2EBE0となっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/635

コメントする

最近のブログ記事

JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…
電子マネーの優先順位を考える
このブログを電子マネーとクレジットカード…

広告