Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう

| コメント(0) | トラックバック(0)

Google検索結果からサイトを除外できる

Google Chromeの拡張機能のPersonal Blocklistというのを知りました。

これをインストールすると、Google検索結果から指定したサイトのページを除外することが簡単な操作でできます。いつものGoogle検索結果画面に、当該サイトをブロックするという機能が追加されるので、このサイトはおかしいと判断したらそこを押せば検索結果から綺麗さっぱり見えなくなります。そのとき限りではなく、その後も適用されます。もちろん、誤操作や濡れ衣で不当にブロックしてしまったものは後で戻すことも可能です。

手元のPCのブラウザで動く拡張機能であるわけですが、どのサイトをブロックした(あるいは元に戻した)という情報はGoogleのサーバにも送られ、Googleの検索結果に影響するのだそうです。たくさんの人がブロックしているサイトは情報の信頼性に問題があるとみなされるということなのでしょう。もちろん、それを悪用する人も出てくることは容易に予想できるので、全く鵜呑みにするというものでもないでしょうけど。

キュレーションサイト問題の改善につながるか

私がこれに期待するのは昨年来話題のキュレーションサイト(パクリサイト)問題の改善です。ひとの写真や文章を勝手にコピペしていいかげんな記事を量産するサイト、こういうのは信頼性が低いサイトの代表であるので見てもしようがないし、写真を何度も無断利用されている私にとっては不快極まるサイトです。

早速、検索結果に出てくる目障りなキュレーションサイトをいくつかブロックしてみました。きちんとしたサイトが上位に出るようになってせいせいしました。事前に思った以上に、精神衛生上よいと感じます。私同様に、キュレーションサイトに著作物を無断利用された方がこの拡張機能を活用し高く評価している記事があります。この方はこの機能の効果を「スッキリ」と表現されていて私の感想とよく一致します (「Google Chrome機能拡張「Personal Blocklist」役立たずの検索結果をサイトごとブロック!」)。

Googleとキュレーションサイトといえば、数箇月前にキュレーション対策とみられるGoogleの検索アルゴリズム変更が話題になりました。

記事を見ると確かに、旅行系のキュレーションサイトRetripが順位を下げていると報じされてはいるのですが、個人的にはあまり体感していません。検索語にもよるのでしょう。このアップデートのあとも、出鱈目な記事として他サイトで批判されているRetripのページがGoogle検索の1位を飾っているのを目にしてもいます。また、最大手とみなされているNaverまとめはこのアップデートの影響を受けていないようだともされています。

DeNAやリクルートがキュレーションサイトを閉鎖する中、Line株式会社はNaverまとめをやめるという発表をいまだにしていません。それどころか、同社の上級執行役員メディア担当の島村武志氏は「引用される、されないの定義に関しても、どこの誰かは分からない人に引用されているから権利者は怒るのであって、ネット界隈で有名な人に引用されたら「ありがとうございます」となるのではないでしょうか」(「「お前が言うな」の声も想定していた----キュレーション騒動を受けてNAVERまとめが新方針を打ち出した理由」TechCrunch Japan, 2017年1月10日)と合法な引用と著作権侵害の区別もついていないだけでなく有名人にされるならいいだろうという非常識な発言で大いに失望させてくれました。さらには「ネットに落ちている情報をもとに〔...〕記事をまとめる」(同) と他者の著作物を「落ちている」もの扱いして、Naverまとめに著作権を侵害された写真家有賀正博氏には「この人たちに一次権利者の権利保護を期待しても無駄です」(NAVERまとめが、パクリサイトの運営を決してやめない理由とは)と斬って捨てられました。

Personal Blocklistを使う人が増えれば、皆が認めるようなコピペ粗製乱造サイトは検索順位の下の方に沈んでいくのではないかな......と期待したいところです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/634

コメントする

最近のブログ記事

Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…
電子マネーiDの良さが今更ながら分かった
iDとはどんなものか 電子マネーというと…
書家の第3水準漢字が文字化けするわけ
北海道南部の松前町は、20世紀日本の書家…

広告