日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか

| コメント(0) | トラックバック(0)

笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 (NHK出版新書) を読みました。

漢字は古代中国から渡ってきたものですが、日本では中国とは異なる使われ方やとらえ方をされているということが分かります。中国では音が重要なのに対し、日本では言語としての音とは別に意味を表すという傾向が示唆されます。本書の例でいえば、料金表の「大人・小人」のような「小人」は何と読むのか分からないが意味は通じるといった具合です。

現代の漢字の簡略化でも、中国のそれは文字の音が重視され、発音の同じで画数の少ない文字を借りて簡体字とすることがしばしばあります。例えば中国の通貨の「元」ですがこれはもとになっている漢字「圓」と同じ発音の「元」を借りたもので、字の形を略したものではありません。日本では「圓」の字の形を略した「円」になり、韓国では「圓」の読みのウォンを採用するけれども漢字はもう使っていないという、同じ字がベースになっていても三者三様のあり方が見て取れます。

本書に挙げられている別の例で言えば、現代中国で「穀」を「谷」とするのもやはり音による簡化で、一方、日本語では「たに」「や」など地域により異なる音で同じ概念をもつ言葉に「谷」をあてるという (東京の「渋谷(しぶや)」のように、「や」は関東地方に多い言い方)、異なったあり方になっています。

さらに、同じ言葉でありながら字面の雰囲気で文字を選り好みするという傾向も日本独自のものとしてみられます。「ひざし」という語について「日差し」「日射し」などの表記のイメージを学生に調べたことが述べられています。また人名ともなると、文字のイメージやさらには文字を構成要素に分解してのイメージによって使われることもあり、日本の漢字は表語文字・表意文字から離れて「表イメージ文字」とでもいうべきものになりつつあるのではないかと述べられています。

字の構成要素を文字そのものよりも重視するようになるととんでもない勘違いのもとになります。本書の例では、「月」と「星」のイメージから子供の名前に「腥」という字を使おうとしたという話があります。勿論これは「なまぐさい」という字です。

本書は実に様々な例を持ち出しているのですが、私が面白いと思ったのは歌についてです。流行歌の歌詞において「ジャスミン茶 (ティー)」のように漢字に独特なルビを振るのは、本来的に声として聞かれるべき歌詞でこうしたことが行われるというのが面白い現象だと思いました。歌詞の表記を凝ったとして聞き手にそのこだわりが届くものでしょうか。ちなみにコスモスという花を「秋桜」と書くのは流行歌から普及したのだそうです。

漢字・平仮名・片仮名という3種類の文字を使い分ける表記体系において字面のイメージを全否定することはできないとしても、文字の本分として、辞書的な意味、語義というものを重視した運用にしていかないと、言語表記がいたずらに煩雑化してなおかつ大した意味がない、ということになりかねないのではと懸念します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/628

コメントする

最近のブログ記事

日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…
libiconv に JIS X 0213がない場合
GNU libiconvはJIS X 0…
「キュレーション」なる語について
DeNAのキュレーションサイトWelqの…

広告