libiconv に JIS X 0213がない場合

| コメント(0) | トラックバック(0)

GNU libiconvはJIS X 0213の符号化方式、Shift_JIS-2004 (Shift_JISX0213) や EUC-JIS-2004 (EUC-JISX0213) に対応していますが、コマンドを実行した際にこれらが入っていない場合もあり得ます。入っているかどうかはiconvのコマンドラインオプション --list で確かめられます。

これらの符号化方式に対応するには、ビルドする際にconfigureのオプション --enable-extra-encodings を指定しておく必要があるようです。インストールされているiconvコマンドでShift_JIS-2004が使えないときはこれが指定されていなかった可能性があります。もしこれらの符号化方式が入ってなかったら、管理者に相談するか、そうでなければ、自分でソースをダウンロードして上記のオプションを用いてビルドしてみるのもいいでしょう。

SJISやEUCと変換するときは常にShift_JIS-2004, EUC-JIS-2004を使いたいので、これらに対応した iconv コマンドを用意しておきたいものです。

参考: GNU libiconv

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/625

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告