libiconv に JIS X 0213がない場合

| コメント(0) | トラックバック(0)

GNU libiconvはJIS X 0213の符号化方式、Shift_JIS-2004 (Shift_JISX0213) や EUC-JIS-2004 (EUC-JISX0213) に対応していますが、コマンドを実行した際にこれらが入っていない場合もあり得ます。入っているかどうかはiconvのコマンドラインオプション --list で確かめられます。

これらの符号化方式に対応するには、ビルドする際にconfigureのオプション --enable-extra-encodings を指定しておく必要があるようです。インストールされているiconvコマンドでShift_JIS-2004が使えないときはこれが指定されていなかった可能性があります。もしこれらの符号化方式が入ってなかったら、管理者に相談するか、そうでなければ、自分でソースをダウンロードして上記のオプションを用いてビルドしてみるのもいいでしょう。

SJISやEUCと変換するときは常にShift_JIS-2004, EUC-JIS-2004を使いたいので、これらに対応した iconv コマンドを用意しておきたいものです。

参考: GNU libiconv

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/625

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告