酒で顔が赤くなる人の第3水準漢字:「酒皶」

| コメント(0) | トラックバック(0)

日経新聞のサイトに気になる題の記事が載っていました。

私は飲むとすぐ赤くなる方なので読んでみたのですが、異なる方面で発見がありました。通常JIS第3水準漢字で表記される単語が使われていたのです。

酒皶という言葉

記事の途中に、「鼻や頬の一部が飲んでいないときでも赤くなる症状を「酒さ」(しゅさ) と呼ぶ」とあります。この記事では平仮名にしていますが、漢字では「酒皶」と書きます。この「皶」という漢字はJIS第3水準、面区点番号1-88-70です。

なぜそんなことを知っているかというと、以前にも見覚えがあるからです。ブログ記事にもしています。

この記事では、『皮膚の医学 肌荒れからアトピー性皮膚炎まで』 (田上八朗著、中公新書) という本に出てきたのを取り上げていました。

この言葉は国語辞典の大辞林や広辞苑にも出てきます。第3水準漢字を使った「酒皶」という漢字表記も載っています。ちなみに広辞苑はこの酒皶という症状について「酒客に多いが飲酒と無関係にもおこる」としています。

病気や医学といった分野にも第3第4水準漢字は時々現れるのです。

文字入力とコード変換

この酒皶という単語は、Emacsで動作する文字入力プログラムSKKの第3第4水準辞書に入っていますから、SKKでは辞書ファイルとしてSKK-JISYO.JIS3_4を参照していれば、何も特別な操作なしに「しゅさ」という読みから変換できます。

文字コードとしてはUTF-8やShift_JIS-2004, EUC-JIS-2004などで扱えます。JIS X 0208ベースのShift_JISなどでは符号化できないので、SJISにコード変換する場合は下記のようにiconvコマンドでShift_JIS-2004 (Shift_JISX0213) を指定すれば文字化けせずにうまくいきます。

  iconv -f UTF-8 -t SHIFT_JISX0213 < utf8.txt > sjis.txt

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/617

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告