Pokémon GO の JIS X 0213の文字

| コメント(0) | トラックバック(0)

その字はJISにある

スマホゲームのPokémon GOが大変話題を呼んでいます。

この名前の「Pokémon」の「é」、これはJIS X 0213の文字です。JIS X 0213の漢字集合1面、面区点1-09-63にあります。7ビット符号では295F、EUC-JIS-2004ではA9DF、Shift_JIS-2004では857Eというコード値になります。Unicode/UCSではU+00E9 (LATIN SMALL LETTER E WITH ACUTE) にあたります。

このアクセント符号つきの文字はフランス語において使われる文字としてよく知られています。"café" (カフェ)や "résumé" (レジュメ)といったフランス語の単語に使われます。文字コードとしては西欧向けの1バイトコードISO/IEC 8859-1 (Latin-1)に入っています。UnicodeもLatin-1の文字の並びをそのままコピーしていますが、JIS X 0213もやはりLatin-1の文字を全て含むように設計されているので、この文字も収録されています。ちなみにJIS X 0213は西欧のLatin-1だけでなく中欧東欧向けのLatin-2の文字も全部含んでいます。(細かいことをいうと、「Latin-1の文字を全て」には面倒くさい問題があるのですが、長くなるのでいずれ別の記事として書きましょう)

文字入力が大事

ニュースサイトの記事では、この「é」を使わずただの「e」にして注釈を添えているものがありました。入力ができなかったとしたら残念です。

Emacs上で動くオープンソースの仮名漢字変換プログラムSKKはJIS X 0213に対応しており、辞書ファイルSKK-JISYO.JIS3_4を使うと、打鍵操作「/e'␣」でこの文字「é」を入力できます。この辞書から派生して作られたATOK用のJIS第3第4水準辞書にも、アルファベットの大文字から変換できる形で入っているはずです。

私はこの記事をMacで書いていますが、キーボード「英字」ならびに「ABC Extended」では、「option-e e」でこの文字を入力できます。

iPadのソフトウェアキーボードでは、英語キーボードでeを長押しすると各種アクセント付きの文字の候補が上に出てきて、そこから選べます。ただし日本語のアルファベットモードはまた別のようです。こっちはよく分かりません。

この文字は日本の文字コード標準JIS X 0213で符号が与えられている文字なので、日本で使われるPCや携帯電話スマホなどでは特別な苦労なしに入力できるよう、文字入力プログラムが設計されているべきです。JIS X 0213の11,233文字は、全ての日本語対応プログラムがサポートすべき、今日の日本語環境のベースラインです。

なぜアクセント符号?

ちなみに聞きおよぶところでは、元々の日本での名称「ポケットモンスター」は英語では俗語に通じるため英語名称では「ポケモン」を使うようにした由で、さらに「Pokemon」という綴りだと英語ではeを日本語の「エ」のようには発音されないことからアキュートアクセント符号付きの「é」にされたそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/609

コメントする

最近のブログ記事

Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…
電子マネーiDの良さが今更ながら分かった
iDとはどんなものか 電子マネーというと…
書家の第3水準漢字が文字化けするわけ
北海道南部の松前町は、20世紀日本の書家…

広告