桜の函館、雪の函館

| コメント(0) | トラックバック(0)

北海道新幹線が10日後、3月26日に開業します。今回開業するのは北斗市の新函館北斗駅までです。新函館北斗は函館市の北に位置しており、函館に行くには新函館北斗で乗り換えて15〜20分ほど行くことになります。

季節は春。函館では4月下旬から5月はじめ頃に桜が咲きます。

五稜郭

有名な五稜郭は桜の名所でもあります。去年の春に私が自分で撮った写真からご紹介しましょう。

五稜郭は幕末に建設された城塞ですが、今は公園として整備されていて、たくさんの桜の木があります。五稜郭公園内にある五稜郭タワーに登ればこうして上から楽しむことができます。

もちろん公園内を歩くこともできます。これは朝に撮影した写真。水のほとりを気持ち良く散歩できました。

さて、同じ場所が、冬にはこうなっています。

去年の年末に撮ったものです。雪の積もったところにライトアップされて輝いています。なおライトアップは冬季のみのようです。冬は寒いと思われるかもしれませんが、函館は札幌ほど寒くありませんし、何より、雪と夜と灯りの組み合わせは最高です。

八幡坂

雪と夜と灯り、の組み合わせをもうひとつ。こちらは八幡坂。坂を下った先に港の見える人気の場所です。同じく昨年末撮影。

大沼国定公園

函館市外からもひとつご紹介。函館の北、七飯町の大沼国定公園は函館近隣の風光明媚で自然豊かなエリアです。大沼・小沼という湖と秀峰駒ヶ岳が美しい景観を作っています。写真では凍った湖の向こうに駒ヶ岳が見えています。私が行ったときは、アジアからの観光客が雪遊びしていました。

函館山からの夜景

そして函館といえばやはりこれ。函館山からの夜景です。

この写真も冬、昨年末に撮ったものです。これは完全に暗くなる前なので、雪の青白さと街灯の暖かみのある色がコントラストをなしています。もっとも、空が真っ暗になってしまえば雪があってもなくてもさほど変わりないと思います。

夏に撮った写真の例を挙げておきます。季節ごとの表情、また天気による偶然の変化もあるので、一度行って終わりではなく何度でも楽しめます。最高の観光都市であるこの函館へ、私も多分また写真を撮りに行くでしょう。おそらくは新幹線に乗って。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/599

コメントする

最近のブログ記事

どうせクレジットカードを持つなら出身大学の支援になるものはどうか
大学カードというものがある 今や生活に欠…
「など」の使い方
曖昧な言い方が好まれる風潮があると感じて…
日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…

広告