著作権侵害サイトをGoogle検索で出なくする方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

ネット上の著作権侵害という問題

文章や写真などの著作物には著作権がありますが、他人の著作物を勝手にコピペして利用する著作権侵害をしているサイトも世の中にはあります。ひとが様々な手間暇やお金やノウハウを使って作り出した著作物を勝手に自分の商売に使うのは権利の侵害であり法律問題になります。

ネットの検索で出てきた文章や写真をコピペして自分の資料やウェブサイトに勝手に使うことはもちろん著作権侵害を引き起こします。東京オリンピックのエンブレムの問題が話題になった際、エンブレムのデザインそのものだけでなく、資料に使った写真がネット検索で出てきたものを勝手にコピーしたものだったという点も問題になったのは記憶に新しいところです。

私自身の体験としても、自分が撮影した写真を「旅行キュレーションメディア」なるウェブサイトに勝手に転載されたことが何度もあります。もちろん著作権侵害です。こうしたサイトには見つけ次第連絡し削除を要請しています。しかし悪質なところだと、報告した写真を一旦削除してもまた別の写真をコピペする。それをまた報告して削除させても、また別のをコピペする。それに対して抗議すると、再発防止に取り組んでいますとかなんとか言って、また繰り返す。どうにもならない。

対策: Googleに著作権侵害サイトを検索インデックスから外してもらう

著作権侵害対策のひとつとして、Googleに著作権侵害サイトのURLを報告して、検索インデックスから削除してもらうということをやってみました。

Googleは著作権侵害の報告をウェブから受け付けています。アメリカのDMCA (Digital Millennium Copyright Act, デジタルミレニアム著作権法)という法律に対応してのもののようです。

様々なウェブサイトやブログにこの手続きの経験談が載っています。著作権侵害の被害にあっている人の少なくないことが伺えます。"Google DMCA" なんてキーワードで検索すると出てくるページから一部ご紹介:

こうした説明を参考にして私もやってみました。やり方は基本的に同じですが、時とともに変わっている部分もあるようなので自分の体験を記しておきます。

まず、申し立てフォーム へ行く。Googleアカウントでログインします。(アカウントのない人は作らないといけないのかな?)

記入内容は以下のとおり:

  • 連絡先 (必須項目は、氏名、国、メールアドレス、著作権保有者)
  • 著作権対象物:
    • 問題のサイトのどこが著作権侵害であるか
    • 自分のサイトのURL (ブログやFlickr等、自分で掲載した場所)
    • 著作権侵害サイトのURL

自分のサイトと侵害サイトを逆に記入しないよう注意。あとは、私は嘘ついていませんよという宣誓と署名をして送信したらおしまいです。

上記の体験談にはGoogleからメールが来たという記述がありますが、今はやり方が変わったのか、特に問題がなければメールは来ないようです。ダッシュボードのページがあり、そこから報告のステータスを確認できるようになっています。

削除されてから試しに、Googleで問題のページが検索できるかをテストしてみました。すると、著作権侵害の申し立てにより1件のページが削除されました、と明示された上で、問題のページは検索結果に出てきませんでした。きちんと処理されたようです。よかった!

注意点

この機能が悪意で使われて単にライバルのサイトを蹴落とすために使われると問題でしょうから、本当に自分の権利が侵害されているかという念を押されます。また報告の内容と報告者名はウェブサイトで公開されます。それでためらう人もいるかもしれませんが、実際に自分の権利が侵害されているのなら萎縮せず報告したほうがいいでしょう。

今回、報告は個別のページに対して行ったので、削除も当該ページだけで、サイト全体は削除されていません。自分の権利の侵害への対処という意味では妥当な結果なのでしょうが、問題のサイトは恒常的に著作権侵害を繰り返しています。同サイトの侵害報告が増えればいずれはサイト全体が削除あるいはランク低下という結果になるかもしれません。

おわりに

著作権侵害でお悩みの方はどうぞお試しください。

1枚の写真を撮るには、機材の購入費用や現地への交通費、要した時間はもちろんのこと、撮影場所や時間帯の選定、構図や露出の決定のノウハウ、天気や風のような自然条件も必要です。様々な費用や時間、知識、スキル、さらには偶然の巡り合わせの積み重ねによって得られた成果を勝手に盗んで商売するようなパクリサイト自称「キュレーションメディア」には厳しい対処をしていきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/593

コメントする

最近のブログ記事

どうせクレジットカードを持つなら出身大学の支援になるものはどうか
大学カードというものがある 今や生活に欠…
「など」の使い方
曖昧な言い方が好まれる風潮があると感じて…
日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…

広告