札幌夜景とそのレシピ

| コメント(0) | トラックバック(0)

1ヶ月くらい前ですが、札幌の藻岩山で夜景を見て写真を撮ってきました。

Night view of Sapporo / 札幌夜景

藻岩山は札幌市街地の南西にある標高531mの山です。小学校の遠足で登るような山ですが、エベレスト世界最年長登頂を目指してトレーニングを開始した三浦雄一郎氏が不摂生のせいで体がすっかりなまっていて登れなかったというエピソードの山でもあります。

写真中心のひときわ明るい箇所がススキノから大通地区です。対照的に、その左上(北方向)の暗く沈んだ箇所は北海道大学のキャンパスです。この対比が面白い。右側には鮭の上る豊平川が見えます。

北海道で夜景というと函館山が有名ですが、扇の形が特徴的な函館と対照的に、札幌の夜景は光が一面に広がるのが特徴です。両方見比べてみるのもいいでしょう。

中心部を拡大するとこんな感じ。なんだか銀河に浮かんでいるような雰囲気でもあります。格子状の札幌の街を斜めから見ることになって独特の雰囲気があります。うっかりして土曜日に来てしまったので、オフィスビルの明かりが控えめかもしれません。

Heart of Sapporo / 札幌中心部

藻岩山の山頂展望台へは山麓からロープウェイで登れます。山麓までは市電の利用が便利でしょう。何年か前に施設がリニューアルされて大層綺麗になりました。

今回使用した夜景撮影のレシピを記しておきます。何かのご参考になれば幸いです。

  • 三脚、レリーズ使用。レリーズは2秒セルフタイマーで代替も可。
  • 三脚使用時はカメラの手振れ補正をオフに。(した方がいい、いやそうでもない、と諸説あるようですが私の経験ではオフにした方がいいようです)
  • ISO感度は100か200に固定。
  • 絞りは10くらい。
  • 露出は絞り優先でOK。好みに応じて調整可。
  • 真っ暗になる前に撮る。
  • ホワイトバランスは太陽光が吉 (暗くなる前の時間帯だと空のグラデーションが綺麗に出やすい。暗くなった後はイメージに応じて色々調整可)

あわてていると手振れ補正かISO感度のどちらかを設定し忘れてアレとなりがちです、私の場合。三脚から外したら元に戻すのもお忘れなく。

札幌ももう山の上でも寒くないでしょうから、夜景撮影にいい季節と思います。幸運を!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/568

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告