version と edition が両方出てきたら

| コメント(0) | トラックバック(0)

プログラマのための文字コード技術入門』を執筆中、XMLについての記述で悩んだことがあります。といってもXMLの技術仕様の中身とは関係のない部分です。

それは、"XML 1.0 Fifth Edition" のeditionにあたる日本語をどうするかです。

これは通常、「版」という言葉があてられます。有名なC言語の解説書の『プログラミング言語C 第2版 』の「第2版」も原題は "Second Edition" です。

ところが今回の場合は "1.0" というバージョン番号が一緒に出てきています。versionも訳すれば「版」ですから、「1.0版の第5版」になってしまうのはいかにもうまくない。

出版社の人にも聞いてみたのですがいい答えがなかったので、「版」はversionに対応する語としておき、editionはそのまま英語にしてしまいました。

もっとも、いま考えると、逆にeditionに「版」を割り当てて、versionにあたる日本語は出さずに済ませるか、もし必要なら片仮名で「バージョン」にしてしまった方が収まりが良かった気がします。XMLの仕様書の日本語訳はそうしているようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/538

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告