Ruby 2.1 で EUC-JIS-2004 の名前が修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ruby 2.0では待望のEUC-JIS-2004のサポートが追加されています。以前当ブログの記事に書きました。

ただ、文字コードを指定するための名前がなぜか、「EUC-JP-2004」と、真ん中が「-JP-」になっていました。

これが、Ruby 2.1.3では修正されて「EUC-JIS-2004」と普通の名前になっているようです。

Ruby 2.1.3のリリースのおしらせからたどれるChangeLogに記載があります。おしらせは2014年9月19日の日付で出ています。

別に「EUC-JP-2004」という名称であっても、分かって使う分には支障ないのですが、Rubyの特別ルールを覚える必要がなければそれにこしたことはありませんね。

PythonでもEUC-JIS-2004として登録されているようですし、Cygwinに入っているiconvでもEUC-JIS-2004という名前で使えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/543

コメントする

最近のブログ記事

どうせクレジットカードを持つなら出身大学の支援になるものはどうか
大学カードというものがある 今や生活に欠…
「など」の使い方
曖昧な言い方が好まれる風潮があると感じて…
日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…

広告