Ruby 2.1 で EUC-JIS-2004 の名前が修正

| コメント(0) | トラックバック(0)

Ruby 2.0では待望のEUC-JIS-2004のサポートが追加されています。以前当ブログの記事に書きました。

ただ、文字コードを指定するための名前がなぜか、「EUC-JP-2004」と、真ん中が「-JP-」になっていました。

これが、Ruby 2.1.3では修正されて「EUC-JIS-2004」と普通の名前になっているようです。

Ruby 2.1.3のリリースのおしらせからたどれるChangeLogに記載があります。おしらせは2014年9月19日の日付で出ています。

別に「EUC-JP-2004」という名称であっても、分かって使う分には支障ないのですが、Rubyの特別ルールを覚える必要がなければそれにこしたことはありませんね。

PythonでもEUC-JIS-2004として登録されているようですし、Cygwinに入っているiconvでもEUC-JIS-2004という名前で使えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/543

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告