表記にこだわるのはいいことか

| コメント(0) | トラックバック(0)

札幌市民ならいつとはなしに気付いていることですが、JR駅が「札幌」駅なのに対して、このJR駅と接続している地下鉄駅は「さっぽろ」駅と、平仮名になっています。どういう理由かは知りませんが、わざわざ違う字にしているのは意図的なものなのでしょう。

ですが、このような区別をすることに本当に意味があるでしょうか。そもそもが同じ土地を指す同じ言葉です。

目で見たらJRか地下鉄か区別できる、という意見があるかもしれませんが、耳で聞いたら同じです。目で見れば分かる、というのは、目で見ないと分からない、ということでもあります。視覚障害者は区別できなくていいのでしょうか。また、漢字や平仮名を読めない外国人はローマ字で書かれた「Sapporo」という字を読むわけです。

もし鉄道事業者ごとに字を変えるということだと、東京の渋谷駅はどうなるでしょうか。JRは「渋谷」、東京メトロは「しぶや」、東急は「シブヤ」、京王電鉄は「Shibuya」とローマ字まで繰り出すことになるのでしょうか。もちろんそんなことをする必要があるとは考えられません。

以前、市町村合併の動きが盛んだった時期に、北海道の空知地方の一部に、いくつかの町が合併して「東さっぽろ市」というのを作るという話がありました。「東札幌」だと既に札幌市内に地名も地下鉄駅もあるので具合が悪い、それなら平仮名にしたらいいだろう、ということだったようです。しかし、漢字を平仮名にしたら別ものだという発想は納得し難い。やはり声に出したら全く同じです。サッポロという地名をヒガシで修飾したということだから、本来的にそれは同じ言葉だといえます。ちなみにこの合併話は途中で消滅したようです。

漢字か平仮名か、というのは言葉の区別には意味のないことです。言葉の区別のうえで意味をなさない表記上の違いをやたらに増やしたりそこにこだわったりするのは、煩雑さを増やすだけのように思えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/545

コメントする

最近のブログ記事

Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…
電子マネーの優先順位を考える
このブログを電子マネーとクレジットカード…
電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…

広告