JIS X 0221:2014が出ています

| コメント(0) | トラックバック(0)

今年の6月20日付けで、JIS X 0221:2014、標題「国際符号化文字集合(UCS)」が出ていました。

この規格はISO/IEC 10646に対応する国内規格です。対応するISO規格と技術的内容が一致している(identical)と説明されています。ISO/IEC 10646は、Unicodeに対応するISOの国際規格です。

何度か改正されている規格ですが、この改正版はISO/IEC 10646:2012と対応しています。

ISO/IEC 10646:2012は、一部のISO規格を無料でダウンロードできるサイトFreely Available StandardsからPDF版を入手できます。英語が苦にならなければこちらをどうぞ。なおこちらでは2013年に発行されている追補1 (Amendment 1:2013)もダウンロードできます。

一方、同じ内容を日本語で読めるJIS X 0221はJSA Web Storeから規格票の冊子またはPDFを購入できますが、なんと27000円! 大きな規格なので仕方ないでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/536

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告