2014年6月アーカイブ

テレビ東京の「なんでも鑑定団」を見ていたら、JIS第4水準漢字が映っていました。

炻器(せっき)」という言葉の1文字目の「炻」です。JIS X 0213の第4水準、面区点位置2-79-64にあります。昔の朝鮮半島の焼き物に関して出てきていました。簡単に見える字なので、言われなければ第4水準とは気付かないかもしれませんね。

「JIS漢字字典」によると、この字は工業や工芸の学校教科書にも使用例があるそうです。炻器というのは陶磁器の一種なのだそうで、大辞林や広辞苑といった国語辞典にも見出し語として載っています。

こうした文化的な語彙の表記にはJIS X 0213が必要であり、JIS X 0208の第1・第2水準漢字では不十分です。

EUC-JIS-2004やShift_JIS-2004、あるいはUTF-8等の第3第4水準文字コードであれば、この語も問題なく符号化できます。

教科書に載っている言葉が符号化できるというのは重要なことで、それは直接的には教科書それ自体や参考書、試験問題等に使われるからということももちろんありますが、それだけでなく、その分野で教科書に載るほどに確立された標準的な用語だからということもいえます。JIS X 0213制定のための調査として学校教科書の調査が行われたことは、1990年代から文字コードを追いかけていた人は常識的に知っていることでしょう。

ちなみに「なんでも鑑定団」では時々こうした第3第4水準漢字を見かけることがあります:

Flickrの自分の写真の "popular" をチェックしてみました。閲覧数やFavoriteやコメントの数から自動的に算出された "interestingness" に基づくランキングです。

10位までの写真の撮影場所の内訳は下記のとおり:

場所件数写真
小樽 4 Snow rabbits / 雪うさぎ Illuminated alone / 雪あかり 桜の木 Warm light in snow / 雪あかり Fruits in ice
札幌 4 Snow palace Winter night view of Sapporo / 冬の札幌の夜景 After visiting a shrine / 参拝帰り Phoenix on snow sculpture / 不死鳥
福島県三春町 1 Spring colors / 共演
広島県廿日市市宮島 1 Deer in a spiritual town / 宮島の鹿

驚いたことに自分が今住んでいる南関東の写真は1件も入らず、10件中8つまでを小樽・札幌が占めるということに。

私が札幌出身だから北海道でよく写真を撮っているかというと別にそうでもなく、年間の滞在は10日かそこらです(帰省がメインなので写真ばかり撮っているわけでもありません)。特に上で4件入っている小樽などは、わずか5時間程度の滞在でしかありませんでした。それでもこれだけ注目を集めている原因は、小樽雪あかりの路というイベントの素晴らしさに帰するよりありません。

20位まで勘定すると、こうなります。

  • 小樽: 6
  • 札幌: 5
  • 東京: 3
  • 川崎: 3
  • 三春、宮島、鎌倉: 各1

小樽と札幌がさらに数を増やしました。どちらもやはり冬の写真です。川崎の3件は最近撮影した生田緑地ばら苑のものです。

冬の北海道は世界の人々から注目を集める最高の被写体に恵まれています。しかも私が撮ったところなんて電車やバスで行ける交通アクセスの良い場所だけですから、もっとやる気のある人なら簡単には行きづらいところへも足を運んで素晴らしい写真を撮れるのではないでしょうか。

春バラ

| コメント(0) | トラックバック(0)

地方によって異なると思いますが、ここ南関東ではバラは5月頃に咲きます。

神奈川県は川崎市の生田緑地ばら苑に行ってバラを観賞してきました。ここはなんと入園無料なのですが、とても充実しています。1年のうち2回、春と秋のバラの咲く時期だけ開園しています。今回訪れたのは5月18日です。

Red dress / ドレス

あまり咲ききってしまうと綺麗でないことが多いので、早めの時期に行ってきました。おかげで、なかなか良い状態のバラを見られたと思います。これはいい具合に黒バックにできました。

Curves

曲線が格好いいです。

Arch for you / アーチ

このアーチは格好の記念撮影スポットになっていました。

Small roses / 小さなバラの群れ

小さなバラの密集。

Season of roses / バラの季節

ばら苑にたどり着くまで少し坂を上らないといけないのですが、その周囲も小高い丘になっていて、街の喧噪から離れた良い場所です。ちなみにすぐ近くに藤子・F・不二雄ミュージアムがあります。

Looking upward

天気のいい日でとても快適でした。バラの咲く頃の気候は良いですね。

広告