「ツ」が笑顔に見えることを理解する簡単な方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

片仮名の「ツ」が笑顔に見えるとして、外国で絵文字のように使われているということが少し前に話題になりました。私も見たことがあります。日本でキリル文字なんかが顔文字の一部に使われたりするのと同じ現象ですね。

でも、片仮名だと、私たちは無意識のうちに文字として見てしまうので、笑顔といわれてもすぐには分かりにくい。これが目で、口角がこう上がっているように見えて、と、理屈として考えないとなかなか納得しにくいでしょう。

ところがこの前、東京の地下鉄に乗っているときに偶然、ああそうか、やっぱり笑顔なんだなあ、と思ったことがありました。窓ガラスに反射した文字がこう見えていたのです。

mirrored-tsu.png

「四ツ谷」駅でのことでした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/525

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告