「ユニコードは犯罪だからやめてください」の衝撃

| コメント(0) | トラックバック(0)

新年早々、大笑いしてしまったこと。

下らないといえば下らないので書くまでもないかと思ったのですが、後で忘れた頃に読み返すと面白いかもしれないので書きとめておくことにします。

何があったのかは下記のページに詳しく書かれてあります。こちらを読んでいただければ、ぶっちゃけそれ以上のことはないです。

簡単にまとめていうと、

  • LINE上で「ウイルス」なるものを送りつけることができるという噂があって、実際にそれを送りつけられるとLINEのアプリが誤動作(重くなる)らしい
  • 実際のところ、ここで「ウイルス」と呼ばれているものはある特定の文字列である (プログラムではない。であるからしてウイルスでもない)
  • 特定の文字列を受け取ると動作が極端に重くなる不具合のあるアプリがある、というのが真相らしい
  • 問題を引き起こす文字列は、UnicodeのU+FFFD (replacement character)をたくさん並べたものだそうだ (see 「変な「はてなマーク�」でLINEやタイムラインが固まって動かなくなる不具合が発生中」)

問題のアプリでU+FFFDのたくさん並んだ文字列を受信すると重くなるというのは、なぜなのかはよく分かりません。アプリなりOSなりが直されるべき問題であるように思われます。

結局のところウイルスではなかったのですが、私が目を見張ったのはそのあと。

Unicodeがなんであるかを知らない普通の人たちの間で「ユニコード」という言葉が一人歩きして、あらぬ方向に向かってしまったようです。上記リンク先ページのこのくだりは衝撃的です。

「ユニコード」という単語が聞き慣れないせいか、この「ウイルス」のことはそのまま別名「ユニコード」と呼ばれており、「ウイルスはただのユニコードだろ」とか「ユニコードは犯罪だからやめてください」などと言われたりします。

「ユニコードは犯罪だからやめてください」。このフレーズの破壊力はすごい! 思わず大笑いしてしまいました。

ウェブ検索で「ユニコード 犯罪」といった語句で検索すると、Q&Aサイトや個人ブログなどがヒットしてなかなかすごい結果が出てきます。「ユニコードは犯罪になるのですか? ならないと言っている人もいるのですが」「ユニコード使うと電子計算機損壊等業務妨害という犯罪になるらしい」「「ユニコードを打ったら犯罪」 「3000万以下の罰金と、 懲役10年くらい」と言われました」。

ユニコードって本当は何なんでしょうか? それは、この本を読むと分かると思います。 :-)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/518

コメントする

最近のブログ記事

『[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門』発売!
ばたばたしていて当サイトの更新も怠ってい…
『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…

広告