Cygwin の iconv で EUC-JIS-2004 や Shift_JIS-2004

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、Cygwinで iconv --list してみたら、SHIFT_JIS-2004 や EUC-JIS-2004 が、それぞれ SHIFT_JISX0213, EUC-JISX0213のエイリアスとして登録されていることに気付きました。はて、いつからだろう。

エイリアスなので、2004年版と2000年版との区別をしているわけではありません。JIS X 0213の2004年改正で追加された「表外漢字UCS互換」の10文字はどちらでも問題なく使えるはずです。

(念のため注記: JIS X 0213の2000年版ではこれらの符号化方式は「Shift_JISX0213」「EUC-JISX0213」という名称で定義されていました。それが同規格の2004年改正で「Shift_JIS-2004」「EUC-JIS-2004」という名称に変わりました。内容としては、2000年版から10文字増えている点が違います)

どうも、GNU libiconvの最近のものではこれら "-2004" という名前のエイリアスが入っているようです。

一方、Ubuntuなんかに入っているGNU libcの方には多分こうした "-2004" の名前は登録されていないはずです。名前は "EUC-JISX0213" や "SHIFT_JISX0213" ですが、中身は2004年改正に対応していたと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/482

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…
Java 9 でようやくResourceBundle のデフォルト文字コードが UTF-8に
Java 9では国際化機構で用いられるリ…
Unicode 10.0リリース、変体仮名を収録
Unicode 10.0が2017年6月…
Chrome 拡張機能 Personal Blocklist でパクリサイトをブロックしよう
Google検索結果からサイトを除外でき…
Unicode の嫌なところを触ってしまった Python
Pythonとlibiconv, nkf…

広告