6月からようやく札幌の地下鉄でSuicaが使えるように

| コメント(0) | トラックバック(0)

ようやく、今年の6月から札幌の地下鉄でSuicaが使えるようになるというニュースがありました。

記事のタイトルには、札幌地下鉄のICカードのSAPICAが出ています。以前からSAPICAは地下鉄でしか使えず、バスや市電では使えないという課題がありました。今度ようやくバスと市電でも使えるようになり、同時に、SAPICAの使えるエリアでKitaca (JR北海道)やSuica (JR東日本)、ICOCA (JR西日本)等が使えるようになるということです。

関東在住者から見ると、今までは新千歳空港に着いてからJRで札幌市内に入るまではSuicaが使えたのですが(KitacaエリアでSuicaが使えるので)、そこから先、札幌市内の移動には使えませんでした。これが、6月22日からはSuicaだけで事実上どこでも行けるようになります。

今までは、市内を地下鉄やバスで移動するには、磁気式プリペイドカードの共通ウィズユーカードを買うか、いちいち切符を買うかしなかったわけです。SAPICAはバス・市電で使えないので利便性が低い。

札幌市はSAPICAを推したいのでしょうけど、この手の交通ICカードで一番肝心な点は「これ一枚でどこでも行ける」ということであって、その方面の取り組みがあまりにも劣っていると言わざるを得ない。報道によれば、6月になっても、SAPICAでKitacaエリアのJRに乗ることはできないんだそうです。

私はもっぱらモバイルSuicaを使っていて、おサイフケータイに航空会社のカードや電子マネーも入っています。なので、自宅を出て羽田空港に電車で行き、空港でお土産を買ったり食事をしたりして飛行機に搭乗し、新千歳空港からJRで札幌に向かって地下鉄やバスで市内を移動する、というのが、スマートフォン1つでできるようになるわけです。まあ、札幌でなく福岡だと今でもできるんですけどね...。

SuicaはあくまでもJR東日本のサービスに過ぎないので、それが全国どこでも使えることを無条件に期待することには少々無理があると私は思います (首都圏在住者にはそういう傲慢なことを言う人もいます)。ただ、JR東日本ばかりが得をするのでない形で、全国の交通ICカードが相互に利用できるようになることは望ましいと思います。

(SAPICAに少々厳しいことを書いてしまいましたが、事業者間の垣根は首都圏でも見られることがあって、JR東海の東海道新幹線の停まる新横浜駅ではJR東日本のカードが使えないとかいうこともかつてはあったように記憶しています。今でも、新幹線乗り場の売店ではSuicaが使えなかったんじゃないでしょうか。この手の縄張り争いは利用者にとって嬉しいものではありません)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/456

コメントする

最近のブログ記事

Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…
電子マネーの優先順位を考える
このブログを電子マネーとクレジットカード…
電子マネーiDの隠れたお得
iDというのはSuicaやEdyのような…

広告