蛇の目の幅

| コメント(0) | トラックバック(0)

次のかぎ括弧の中の記号に注目してください: 「◉」

この記号、ご覧の環境ではどのような幅で表示されているでしょうか。

この記号は蛇の目(じゃのめ)です。見出しや段落などの頭に、目印として使うことがあります。JIS X 0208にはなく、JIS X 0213で追加されました。面区点番号1-03-27です。

第3第4水準辞書を使うと「まる」などからこの記号を入力できます。私はよく、テキストのメモの中で、見出しの印としてこの記号を使います。単なる丸を使うよりも、「いかにも見出し」という分かりやすさがあるので、なかなか良いです。

こういう使い方の場合、普通の平仮名や漢字などと同じ全角幅で表示されているのが自然ではないかと思います。BDFフォントのような等幅フォントでは、必然的に全角幅なので、特に何の不便も感じていませんでした。

近年、Evernoteのようなウェブ上のメモを使う機会が増えました。そうすると、文字端末向けのBDFフォントのような古き良き時代の産物でなく、アウトラインフォントが使われます。私が常用しているUbuntu LinuxにはIPAフォントがインストールされているのですが、どうもこれで見ると蛇の目の幅が狭い。半角ぐらいの幅で表示されます。別にそれが間違いとはいえないでしょうが、見出しとして使うには、もっと大きく表示された方がしっくりきます。

そんな不満を持ちながら使い続けていてある日気付いたのですが、Windows 7のMS Pゴシックでも、同じくらいの半角程度の幅に蛇の目が表示されています。もしかすると、IPAフォントはこのフォントの影響を受けているのかもしれません。

もっとも、表示されているのはまだいい方で、Androidスマートフォンで同じ文書を表示させたら蛇の目が表示されなくて悲しい思いをしました。

iPod Touchでは、全角くらいの幅で表示されていて、最も妥当な見え方と思います。こういうところにはiOSにまだ一日の長があるように思えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/439

コメントする

最近のブログ記事

仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…

広告