Unicode 6.2

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週、Unicode 6.2というのが出ました。

文字の追加は1つだけ、トルコの通貨リラの記号U+20BAだけだそうです。

いまになって追加されたというなら、これまでどうしてたのかという疑問がわいてきますが、この記号は今年の3月から使われ始めた新しい記号なのだそうです。

近年トルコは、ヨーロッパにもアフリカにもアジアにも近い地理的条件や、着実な経済成長、平均年齢が若く、人口が多くて(7500万人)なお増加中、などの要因で注目を集めています。

もともと日本との関係は良好で、モスクや宮殿、カッパドキアの奇岩などの観光地もよく知られています。歴史的にも興味深い所です。この機会にトルコに注目してみるのもいいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/416

コメントする

最近のブログ記事

仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…

広告