Unicode Standardの元号の説明が間違っているように見える

| コメント(0) | トラックバック(0)

Unicode Standardを見ていたら、"Tabe 15-6. Japanese Era Names" (p. 533)という表で、目が違和感を検知しました。

U+337B    SQUARE ERA NAME HEISEI    1989-01-07 to present day

いやいやいや、平成になったのは1月8日でしょう。

そう思って下の行を見るとこうなっています。

U+337C    SQUARE ERA NAME SYOUWA  1926-12-24 to 1989-01-06

終端は1月7日でしょう、というのは上の平成のと連動した話ですが、念のため辞書(広辞苑)で昭和の始まりの日を確かめてみたら、1926年12月25日となっています。1日違う。

では大正・明治はどうか。

U+337D    SQUARE ERA NAME TAISYOU    1912-07-29 to 1926-12-23
U+337E    SQUARE ERA NAME MEIZI       1867 to 1912-07-28

明治のはじめだけ扱いが雑なのはおいとくとしても (陰暦のせい?)、辞書では明治の終わりは1912年7月30日、大正は1912年7月30日から1926年12月25日となっています。

微妙にずれているのは何なのでしょう? 私が何か勘違いしている? うーん...。

Version 6.1のPDFと、5.0の紙版で確認しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/415

コメントする

最近のブログ記事

仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…

広告