札幌の中心でバラを愛でる

| コメント(0) | トラックバック(0)

札幌でどこに行きたいかと家人に聞いたところ、ちざきバラ園と答えました。ちざきバラ園は札幌の中心地を見下ろす斜面にあって、たいへん眺めの良い場所だったのですが、惜しいことに何年か前に閉園してしまいました。

それで、かわりといってはなんですが、大通公園西12丁目のローズガーデンに行ってみることにしました。

ちょっと西の方に行くならということで、ついでといってはなんですが、知事公館にも行ってみることにしました。今まで行ったことがなかったんですね。知事公館は地下鉄東西線の西18丁目の近く、道立近代美術館のそばにあります。ドラマの撮影に使われることもあるそうです。

Hokkaido Governor's Official Residence / 北海道知事公館

これが庭の方から見た知事公館の建物。彫刻作品が設置されています。

建物に入って見学することもできます。昭和11年に建てられたものだそうです。窓の外に芝生の緑が見えるのが印象的でした。

Hokkaido Governor's Official Residence / 北海道知事公館

正面から見た図。白と赤の対比がおしゃれです。

知事公館を見学した後、東に向かって歩いて、大通公園の端まできました。大通公園は西1丁目から西12丁目までなので、西の端は12丁目です。ただ、道をはさんだ向かいの13丁目に建っている札幌市資料館(旧控訴院)も、あたかも大通公園の一部のように見えます。

Former Sapporo Court of Appeals / 札幌市資料館

彫刻とバラの花は大通公園、その後ろにあるのが、西13丁目の資料館。実はこの間に車道がはさまっています。

Nishi 12-chome, Ōdōri Park / 大通公園西12丁目

大通公園の西12丁目はこのように、バラの庭園と水路からなっています。札幌ではバラは夏に咲いているので、夏の散策に良いでしょう。

Roses / バラ

多くのバラが咲いていました。ちなみに、犬の散歩も多く見かけました。

バラを見た後は、大通公園を東へと歩きました。初音ミクで知られるクリプトン・フューチャー・メディアは大通西10丁目にあって大通公園に面しているそうなので、多分その前を通ったと思います。

Black Slide Mantra / ブラック・スライド・マントラ

イサム・ノグチの彫刻作品にして滑り台の、ブラック・スライド・マントラ。西8丁目と9丁目の間。これについては以前記事を書きました。

Playing on the water / 水遊び

大通公園には噴水がいくつもありますが、西の方は子供の水遊びに適した作りになっています。

Place of relaxation / 憩いの場

駅前通り、西3丁目まできました。この辺は多くの人が訪れると思います。地下鉄大通駅はこの付近の地下です。ここから北に向かえば札幌駅。南に向かえば、デパートの多い商業地区を通ってすすきのへ行くことができます。

大通公園の良いところは、街の一部となっていることだと思います。ことさらに公園に行こうと意気込まなくても、都市生活の中にごく自然に組み込まれている。こういう環境はとても恵まれていると思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/406

コメントする

最近のブログ記事

libiconv に JIS X 0213がない場合
GNU libiconvはJIS X 0…
「キュレーション」なる語について
DeNAのキュレーションサイトWelqの…
雪の青の夜景、札幌と函館
何日か前の朝のNHKニュースで札幌の夜景…
「2バイト文字」という言い方
「2バイト文字」という言い方につっこみを…
EUCが国際標準化されていれば良かった
すごい後知恵なんですが、1980年代に「…

広告