Google Chrome でなく SRWare Iron を使う

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、私の使っているWindows XP機で、Firefoxの日本語入力にトラブルがありました。事実上日本語入力ができない状態になったので、かわりのブラウザとして、SRWare Ironを試してみました。まあ別にIEでも良かったのですが、この機会に試してみようということで。

Ironとは何かを一言でいうと、Google Chromeから固有IDなどプライバシー上の懸念を取り除いた、「より良いChrome」だといえるでしょう。Chromeは、マシンにインストールすると固有のIDを発生させ、そのIDをいちいちGoogleに送信します。IronはChromeと同じくオープンソースのChromiumを元にしていますが、こうした固有IDのようなプライバシー上の懸念につながる機能は入っていません。

SRWareのサイトに、ChromeとIronの機能上の比較表があります。よく見てみるといいでしょう。

ただ、私はWindows XPの文字表示を綺麗にするためにgdippを使っているのですが(参考: Windows の文字表示を改善するgdipp)、何かの理由で、gdippが効いているとIronの(多分Chromeも)の文字表示が汚くなってしまうようです(ウェブをざっと検索するとgdipp側の問題らしく書かれたページがあります)。そのため、gdippの設定ファイルでIronを適用除外するようにしました。gdippの機能が活かされないので、文字表示はWindowsのデフォルトのちょっと残念な感じになってしまっています。

使っているウェブブラウザが1種類だと、そのブラウザに何か問題が発生したときに困ってしまいます。今後しばらくは、代替手段の確保という意味もあって、FirefoxとIronの2つを常に用意しておこうかと思います。

ちなみにSRWareというのはドイツの企業のようです。アメリカよりもプライバシーを重視するヨーロッパらしいといえるかもしれません。

参考記事:

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/376

コメントする

最近のブログ記事

『[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門』発売!
ばたばたしていて当サイトの更新も怠ってい…
『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…

広告