ナレーターの第4水準漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

この前テレビを見ていたら、確かテレビ東京の旅番組だったと思うのですが、ナレーターを表す字幕に「鈴木渢」と出ていてオヤと思いました。

「渢」は、JIS X 0213の第4水準漢字、面区点番号2-78-79にあります。

ウェブを検索してみて分かったのですが、この人はナレーターや声優として活躍している方のようです。芸名なのでしょうか? 所属事務所のページと思われるものがありました。読みが「すずき ふう」と記されています。このページではHTMLの文字参照を使ってこの字を表しています。

第3第4水準文字コードを使えば文字参照でなしに直接に渢という字を符号化できますし、第3第4水準辞書を使えば「ふう」から「渢」に変換できます。表示の上では第3第4水準フォントがインストールされていれば大丈夫です。

この字を漢字源で引くと、「ふるえるような水の音の形容」「大きいこえ。また、響き」「渢渢(フウフウ)とは、風のようにふるえる音の形容」と記されています。

この字をウェブ検索するとなかなか面白いです。上記の鈴木渢さんのほかに、東京の飲食店の名前に使われていたり、イラスト投稿サイトのユーザー名の一部に使われていたり、ウェブサイトの利用者のハンドルの一部に使われていたりします。水と風という字の成り立ちから好ましいイメージが持たれて名前に使いたくなるのでしょうか。Wikipediaには布目潮渢(ぬのめ ちょうふう)という学者の名前も見られます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/379

コメントする

最近のブログ記事

『[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門』発売!
ばたばたしていて当サイトの更新も怠ってい…
『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…

広告