山月記の第3・第4水準漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

この前Twitterを見ていたら面白いツイートを見かけました。

ツイートの内容はこの際おいとくとして、「袁さん」と記されているのが気になります。これは氏の袁に敬称の「さん」を付けているのでなく、「袁傪」という名前なのだけども「傪」という字が入力できなかったので平仮名にしたものでしょう。

この「傪」はJIS第4水準、面区点番号2-01-79にあります。第3第4水準辞書を使うと、「えんさん」から「袁傪」に変換できます。教育関係者の方もぜひお試しください。

中島敦「山月記」にはこのほかにもJIS X 0213の文字が出てきます。青空文庫からダウンロードしたテキストファイルを見たところ下記のものがありました。

  • 二の字点「〻」、1-2-22
  • 地名「虢略」(かくりゃく)の「虢」、第3水準1-91-48
  • 漢詩の中、「軺」、第3水準1-92-44
  • 漢詩の中、「嘷」、第4水準2-04-33

この作品は学校の教科書にも載っていて大変に有名です。私も高校の国語の授業で読んだ覚えがあります。

このことからも、第3第4水準文字コードの必要性が分かるでしょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/382

コメントする

最近のブログ記事

『[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門』発売!
ばたばたしていて当サイトの更新も怠ってい…
『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…

広告