初音ミク効果で情報処理学会の会誌が完売

| コメント(0) | トラックバック(0)

やや旧聞に属しますが、情報処理学会の会誌「情報処理」に初音ミクの特集 (「CGMの現在と未来: 初音ミク,ニコニコ動画,ピアプロの切り拓いた世界」) を掲載したところ、一般向けの販売が、同学会の史上初めて、完売してしまったということです。先日ちょっとした話題になりました。この会誌「情報処理」は学会員には無料で配布されているのですが、一般向けにも販売されていて、Amazonでも買うことができるようになっています。

こうした現象を、単にキャラクターの人気だとか流行だとかということでとらえると、事の本質を見誤ってしまうように思います。

初音ミクは単に絵がかわいいから人気になったのでもなければ、音声合成の技術だけで流行になったのでもない。ニコニコ動画という舞台装置やピアプロ、キャラクターライセンスといった、創作支援のための仕掛けが複合的に機能して初めて発生した創造の連鎖がムーブメントの本質です。

この特集は、そうした創造の連鎖を発生させるアーキテクチャに主に注目して構成されています。

個人個人の創造性が大事であることは勿論ですが、そうした創造性を発揮させるための仕掛け作りが、大局的にはものをいいます。

創造の連鎖を引き起こすアーキテクチャの秘密を解き明かしたい人には、この「情報処理」の特集はうってつけでしょう。初音ミク現象の何がそんなに重要なのかを知りたい人にも、やはりうってつけでしょう。

この特集の掲載された会誌は売り切れてしまいましたが、特別措置として、特集だけを切り出した別刷がAmazonで買えるようになっています。興味のある方はそちらをどうぞ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/366

コメントする

最近のブログ記事

National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
情報処理学会から山下記念研究賞を頂いた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
Go と Rustの文字列
Go言語における文字列はUTF-8のバイ…
『[改訂新版] プログラマのための文字コード技術入門』のページ作成
発売されてから半年以上経ってようやくのこ…
『[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門』発売!
ばたばたしていて当サイトの更新も怠ってい…

広告