JIS X 0208 と JIS X 0213 が改正

| コメント(1) | トラックバック(0)

私はTwitterのつぶやきを見て知ったのですが、JIS X 0208とJIS X 0213がともに、この2月に改正されていました。

といっても、技術的な内容の変更はありません。まあ、今さら変更されても困るので、これで良いのでしょう。

では何が改正されたのかというと、規格の中で常用漢字表を参照している部分について、2010年の常用漢字表の改正に対応して、適宜変更されたということです。

新たに、規格と常用漢字表との対応を記した附属書が付け加わっています。大体の文字は、文字と読みと区点番号が記されているだけなので特に面白みは無いのですが、「剥-剝」のような微妙な文字については注釈がつけられているので、そういうところを味わってみるのがひとつの楽しみ方でしょう。

今回の改正は、X0208, X0213とも、追補の発行という形をとっています。規格票が丸ごと新しくなるわけではなく、変更点を記した追補が別文書として発行されているわけです。X0208は最初の追補ですが、X0213は2004年のに続く2つめの追補です。

今回の改正による変更点は、日本工業標準調査会(JISC)のサイトの「JIS検索」で、PDF形式で閲覧することができます。ただしこのサイトではPDFの保存や印刷はできません。手元にとっておきたい場合は、日本規格協会(JSA)のサイトから、紙の冊子またはPDF版を購入することができます。JISCのサイトもJSAのサイトも、規格番号から検索できます。

ところで、JIS X 0213:2004で追加された「表外漢字UCS互換」のうち、「剝」や「𠮟」は表内字になったわけですが、そこのところの名称は変更ないんですね。まあ別にいいですけど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/348

コメント(1)

というか、常用漢字表が改訂されたのに、表外漢字字体表は変わってないので、「表外漢字UCS互換」も変えようがなかったのです。

コメントする

最近のブログ記事

仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…

広告