子グマが元気

| コメント(0) | トラックバック(0)

年末年始、また北海道に行ってきました。

今回特筆すべきは、札幌・円山動物園のホッキョクグマの1歳の子供「アイラ」が雪の上でとても元気に遊び回っていたことです。

去年、夏の時期に見たときは、あまり活発に動いていなくて、まあ人間の都合に合わせて動いてくれるわけじゃないからしようがないか......と思っていました。しかし今回は、とても元気に動いていました。なにしろホッキョクグマのことですから、雪のある寒い季節の方が元気なのでしょうか。

Young polar bear with toys / 大事なおもちゃ

雪の上でゴロゴロ転げ回りながら遊んでいました。このボールとポリタンクがお気に入りのおもちゃのようです。

Young polar bear / ホッキョクグマの子供

鼻に雪がついてもなんのその。

Standing young polar bear / 二本足で立つ

二本足で立って遊んでいます。

Polar bear's gymnastics / 新体操

新体操?

Ready to slide / すべりこみ準備

すべりこみ準備。

Sliding into a ball / すべりこみ

ズザー!

My favorite ball / ボール大好き

やっぱりこのボールが大好き。

という感じで、ずっと見ていても飽きない元気さでした。

ホッキョクグマ以外の写真もひとつ。

Envy / うらやむ

シンリンオオカミの親子です。骨をかじっているのは父親、横で見ている2匹はその子供。うらやましそうに眺めていました。

雪のある動物園は、寒い地域に棲む動物が元気です。一度足を運んでみてはどうでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/327

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告