F504iのフォント

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前使っていた携帯電話、ドコモから発売されていたF504iのフォントについて。機械自体は既に手元にないのですが、覚えているうちに書き留めておきましょう。

記憶に頼って書くと、39区77点の字体が「剥」でなく「剝」でした。また、18区10点は「鴎」でなく「鷗」だったように思います。

この機種を私が買ったのは2002年のことなので、その辺りに発売された機種でしょう。この機種のフォントは、JIS X 0208の例示字形の細かいところには拘泥せず、設計者が良いと考えた形に作ったのでしょう。それはそれで妥当な方針だと思います。文字コード規格がフォント設計の細部まで決めることでないことを、設計者はきちんと理解していたのかもしれません。

ただ、18区10点について互換包摂を適用するなら、どの字体を採用したのかを文書で明示しなければならないことに97JISではなっているのですが、この携帯電話がそういう措置をとっていたかどうかは分かりません。

(なお、97JISの「鴎-鷗」という互換包摂は、97JISの包摂規準としては例外的なものなので、97JISの包摂規準一般の例として出すにはあまり適当とは思われません)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/326

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告