第3第4水準辞書を使おう!

| コメント(0) | トラックバック(0)

いまだに、広く使われている日本語入力環境は、JIS X 0208の第1・第2水準漢字に制限されていることが多いと思います。第3・第4水準を追加するJIS X 0213の制定から10年も経つにもかかわらずです。

現代日本で使われていながらJIS X 0208に入っていなかった文字を収録したJIS X 0213という優れた規格の利点を活かすには、その文字を普通に入力できる漢字変換辞書を持つことが重要です。

そこで、第3第4水準辞書を使いましょう。

ここで「第3第4水準辞書」と呼ぶものは、単に単漢字変換などで入力できるということにとどまらないものです。具体的には、下記の条件を満たすことが必要です。

  • 第3・第4水準漢字が語彙として入力できること。例えば、「噶」という字が単に単漢字変換で入力できるだけでなく、「吐噶喇列島」といった語として収録されている。
  • 漢字だけでなく、JIS X 0213で追加された非漢字についても入力を可能とする。例えば、ローマ字の ā や ô や ç や é といった文字や、◉や♨や〽のような記号類なども。
  • JIS X 0213の11,233文字について、広範に、できれば網羅的に対応すること。

こうした入力を可能にする第3第4水準辞書の例として、仮名漢字変換プログラムの種類に応じて3つここでは示します。

上には入力プログラムの有名と思われる順に挙げましたが、実際には、SKK用の辞書が元となって、Anthy用とATOK用とが生成されています。

これらの辞書については、当ブログでも時々紹介してきました。ご参考まで。

第3第4水準辞書によって文字入力環境の改善を実現する人が増えることを願ってやみません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/330

コメントする

最近のブログ記事

電子マネーiDの良さが今更ながら分かった
iDとはどんなものか 電子マネーというと…
書家の第3水準漢字が文字化けするわけ
北海道南部の松前町は、20世紀日本の書家…
どうせクレジットカードを持つなら出身大学の支援になるものはどうか
大学カードというものがある 今や生活に欠…
「など」の使い方
曖昧な言い方が好まれる風潮があると感じて…
日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …

広告