クイズ番組の第3水準漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

テレビ朝日のクイズ番組「Qさま!!」を見ていたら、画面に第3水準漢字が出てきました。

黄檗宗の開祖、「隠元(いんげん)隆琦(りゅうき)」が正解の問題でした。この「琦」という漢字はJIS第3水準、面区点番号1-88-06にあります。

この番組では以前にも第3・第4水準漢字が出てきたことがあります (「テレビで見た第4水準漢字」)。クイズ番組にもJIS X 0213の文字は必要であることが分かります。

今後は常に、JIS X 0213の文字に対応した文字コードを使うべきだといえます。そうした文字コードには、UTF-8やShift_JIS-2004、EUC-JIS-2004があります。デフォルトではUTF-8でいいでしょうが、シフトJISが必要な場面ではShift_JIS-2004を、EUCが必要な場面ではEUC-JIS-2004を使えばいいということです。このことは以前の記事「これからの文字コード」でも論じました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/323

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告