Sony Readerで日本語EPUBを読む

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前、Sony ReaderでEPUBを読むのを試したときは、英語の文書をテストに使いました。今回は、日本語のものを試してみます。

Sony Readerにはいくつかモデルがあります。私の使っているのは、通信機能のないPRS-650です。もっとも、下に記す情報は、Wi-FiのついたPRS-T1や、それに加えて3G通信機能もついたPRS-G1でも多分同じだと思います。

今回試したのは、達人出版会から無料で入手できる『ケヴィン・ケリー著作選集 1』です。これはPDFでもEPUBでも入手できます。Sony Readerではどちらも読めるので、両方ダウンロードしてみました。

EPUB版をSony Readerで開き、PDF版をPCで開いていると、いくつか違いが目につきます。

ひとつは、図の色です。PDFでは図や写真に色がついているのですが、Sony Readerでは白黒で表示されます。Readerの電子ペーパーの画面が白黒なので仕方ありません。

次に、図の位置です。PDFでは図は中央揃えに配置されているのですが、Readerで表示したEPUBでは左に寄っています。もとのEPUBの記述がそうなのか、あるいは中央揃えになるべく記述されているのにReaderが正しく解釈できていないのか、までは分かりません。EPUBはHTMLとCSSをZIPしたものなので中身を見れば分かるのでしょうが、あえてそこまではしていません。

それから、PDFではページの上部にその章の題が記されているけれどもEPUBでは表示されていないという違いもあります。本を読んでいて「あれ、自分は今どこにいるんだっけ」となったときにこれは助けになるので、あった方がいいと私は思います。EPUBで表示されていないのは、もともとEPUBにはない(あるいは実現できない)のか、それともあるのにReaderがきちんと表示していないのかは、やはり今のところ私には分かりません。

こういう違いが目につくものの、大体においてReaderで読むのに支障はないと思います。私はもう少しで、この本をReaderで読み終えるところです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/319

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告