小書きの仮名を入力するには

| コメント(0) | トラックバック(0)

前の記事に記したJIS X 0213の小書きの仮名ですが、PCを買ってきたデフォルトの環境では入力できないかもしれません。これを入力するには、日本語入力プログラムの種類に応じて、いくつかの方法があります。

これらの手段によって入力できる小書きの仮名は、文字コードとしてはUTF-8やEUC-JIS-2004、Shift_JIS-2004といったもので扱うことができます。これからは常にこうした文字コードを使うべきです。

JIS X 0213で追加された仮名にどんなものがあるかは、拙著『プログラマのための文字コード技術入門』のpp. 81-82に記されています。

これで、皆さんも充実した小書き仮名ライフを送ってください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/317

コメントする

最近のブログ記事

どうせクレジットカードを持つなら出身大学の支援になるものはどうか
大学カードというものがある 今や生活に欠…
「など」の使い方
曖昧な言い方が好まれる風潮があると感じて…
日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…

広告