北海道の二面性

| コメント(0) | トラックバック(0)

北海道外の人の抱く北海道に対するイメージというのは、ドラマ「北の国から」のような世界というのが多いように思います。広大な大地と豊かな自然。それはそれで間違っていないのですが、一面的であるともいえます。

北海道の中心都市である札幌は、人口約190万人を抱えます。これは全国で5番目、東京以北では最大の規模です。北海道全体の人口が550万人くらいですから、北海道の人の3人に1人にとって、自分の住む北海道とはまず第一に全国有数の大都市札幌であるわけです。道外の人はそんなことを考えたことはないでしょう。ここにイメージの乖離を見ることができます。

都会の札幌と自然の広がるその他地域という、二面性が北海道にはあるわけです。

人口密度にもこの二面性は現れています。Wikipediaの人口密度の項を見ると、北海道全体の人口密度は47都道府県で最も低くなっています。ところが、北海道の中で札幌市を含む地方である石狩振興局(以前の言い方では石狩支庁)の管内は、都道府県との比較で全国9位に位置します。兵庫県と同じくらいの人口密度なのです。更に、政令指定都市の人口密度の比較でいえば、札幌市は、京都市よりやや低く仙台市よりも高い、12番目に位置しています。人口の多い割には人口密度がやや低いとはいえるかもしれませんが、十分な人口密度を持っているといえるでしょう。(なお、札幌市は南区に人の住まない山地を多く抱えているので、それが人口密度の数字を押し下げていると考えられます)

先月、さくらインターネットの石狩データセンターが開所して話題になりましたが、このデータセンターは北海道のこの二面性をうまく活用しているといえるでしょう。広い土地を安く調達できるという点では広大な大地という側面を利用し、一方、札幌に隣接していて人材や交通手段を確保できるという点では札幌の大都市としての側面を利用しているわけです。

以前、首都圏に住んでいるアメリカ人が北海道に旅行に行ってきた話を数人としていたのですが、このときの日本人(非北海道人)の反応が私には興味深く思われました。北海道に行ってきたと聞いて、日本人の方は広かっただろうというようなことを言うのですが、実際に行ってきた当のアメリカ人にはそのコメントがあまりピンとこない様子でした。いや、都会だったけど、というわけです。その反応を日本人の側がまたいぶかしんでいました。このアメリカ人が行ってきたのは札幌だったし、日本人が抱くステレオタイプとしての北海道のイメージを持たずに虚心坦懐にありのままを見てきたので、偏見に毒されることがなかったのです。下手な日本人よりも余程正確に札幌を見ることができたのではないかと私には思えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/315

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告