JIS X 0213の小書きの仮名

| コメント(0) | トラックバック(0)

JIS X 0213ではJIS X 0208に対して仮名文字も追加されています。それらは、アイヌ語や鼻濁音のためのものだったり、また別な理由で追加されたものもあります。

これに含まれる小書きの仮名を活用すると、日本語やアイヌ語以外の言語、例えば韓国語などの発音を仮名で表すのに使うこともできます。

例えば、韓国語の「ハングㇰ」(韓国)、「キㇺチ」(キムチ)、「ピビンパㇷ゚」(ビビンバ)のように、母音を伴わずに子音で終わる閉音節を表すのに、小書きの仮名が使えます。もともとJIS X 0213にこうした小書きの仮名が追加されたのはアイヌ語の閉音節の表記に対応するためですから、こうした韓国語などの表記は本来の用途ではないとはいえ、活用の仕方としては同じことだといえます。

ふざけた使い方としては、なんでも小書きの仮名で書いてしまうお遊びもあります。X0208に含まれる「ぁぃぅぇぉっゃゅょ」などの仮名を濫用して「ぉはょぅ」のような書き方をする遊びがありますが、その手段がぐっと増えるわけです。X0213を使うと、「ゕっぉ、ぃゖぃゖ」とか「ァㇲ、ィヮㇱㇵ ッㇾㇽヵㇱㇻ」のように、今までできなかった文字も小書きにできるようになります。

世の中を見ていると、得てして、真面目な使い方よりも、おふざけ・お遊びの方が幅をきかせたりするようなので、こうした文字もお遊び用途の方が目にすることが多くなるかもしれないと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/316

コメントする

最近のブログ記事

Javaと Pythonの識別子の仕様を比較する
前の記事で,Pythonの識別子のUni…
Pythonの識別子における Unicode文字
プログラミング言語Pythonで,変数名…
アニメ「シュタインズ・ゲート」における文字コード技術入門
以前,何年も前ですが,アニメ「シュタイン…
仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…

広告