函館で見た文字

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週は用事でまた函館に行っていました。趣味の写真はまた後ほどとして、ちょっ と文字の話を。

函館市内の看板などを見ていたら、気になる文字がありました。携帯電話からTwitterに投稿した画像を使って紹介したいと思います。

まず、函館の「函」の字。この画像を見ると、「函」の第1画が第2画とつながっています。函館の人はよくこういう書き方をするようです。国字を研究している笹原宏之氏は、小樽の銭函についてこうした字形の例を写真で挙げていますHNGでこの字を検索してみると、やはりこうしたつながった形のものが見えるので、手書きではよくこういう形になるものかもしれません。手書きの形は活字と同じではないという例といっていいと思います。

それから、別の看板にあった「与」の字。この画像を見ると、「与」の最終画の横線が縦線と交差しない形になっています。これは中国語用のフォントでよく見掛けるので「中国の与」だと思っている人がいるかもしれませんが、そういうわけではありません。私の理解するところでは、この字はもともとこう書かれていたのが、書き方の癖で縦線と交差するようになって、それが定着して活字にも使われるようになったもののようです。HNGで見ても交差したものはないようです。

街を歩くと、いろいろ気になる文字にでくわすことがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/288

コメントする

最近のブログ記事

仮名合字・合略仮名の文字コード
合字とは 合字というものがあります。複数…
なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…

広告