Kindleはホッケを食べられるか

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近PDF読み機として使える機械に興味を持っていて、KindleやiPadなどをウェブで調べていたりしたのですが、その中で面白いブログ記事を見掛けました。

文字通り、Kindle 3でJIS X 0213の文字がどれだけ使えるかを調べたレポートです。

詳しくは上記のリンク先を見てほしいのですが、かいつまんでいうと、BMPの漢字は大丈夫だが面02のCJK拡張Bの文字は全滅ということです。また非漢字は一概にいえないそうですが、結合文字を使うものは駄目なようです。Kindle 3.1はBMP内でも互換漢字は表示できないということです。

Kindleでは、JIS第4水準でUnicodeの面02にある「𩸽 (ほっけ)」という字(U+29E3D)は表示できないということになります。

こういうややこしい状況がなくなって、いつでもどこでもJIS X 0213の全文字が扱えるようになると良いと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/266

コメントする

最近のブログ記事

日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…
libiconv に JIS X 0213がない場合
GNU libiconvはJIS X 0…
「キュレーション」なる語について
DeNAのキュレーションサイトWelqの…

広告