お寺で見た第3水準漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日、東京都内のお寺の前で、JIS第3水準漢字を見かけました。

寺の前に大きく「㓛刀家」と貼り出してあったのです。葬儀でもあったのでしょうか。「㓛」は第3水準、面区点番号1-14-59です。

漢字に読み仮名はついていませんでしたが、「㓛刀」という名字は「くぬぎ」と読むことが多いようです。JIS漢字字典には同じ表記で「くのぎ」という読みもあわせて載っています。また、「㓛」一文字だけでも「くぬぎ」というようです。

「くぬぎ」をGoogleで検索すると、JIS第3水準が使えない環境なのか、この字を表すのに苦労している様子が伺えます。「工に刀で一文字」のように書いたり、『「功」の「力」が「刀」』のように表したりしています。SKKのJIS第3・第4水準漢字辞書やそれをAnthy用に変換した辞書では、「くぬぎ」という読みから「㓛刀」に変換することができます。そうして変換した文字をプレーンテキストとして保存するには、文字コードとしてUTF-8やEUC-JIS-2004やShift_JIS-2004を使うことができます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/260

コメントする

最近のブログ記事

名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…
ふるさと納税で奥尻島のワインを頂きました
奥尻島は北海道の南西の方に浮かぶ島です。…

広告