竹島問題ニュースの第3水準漢字

| コメント(0) | トラックバック(0)

韓国が不法占拠している竹島を韓国の閣僚が訪問した事件に関連したニュース記事に、JIS第3水準漢字を外字扱いしているものがありました。

この記事の中に、「申●(=王へんに玉)秀・次期駐日韓国大使」とあります。

「王へんに玉」とは、第3水準漢字の「珏」(面区点番号1-87-90)でしょう。音読みでカクと読むようです。

実はこの人名は以前にもこのブログに出てきました。「朝鮮半島ニュースの第3水準漢字」という記事です。「申珏秀」は韓国語音ではシン・ガクスというようです。

次期駐日大使とのことなので、今後も出てくる人名だと思えます。この人名表記を符号化できる符号化方式としては、UTF-8、EUC-JIS-2004、Shift_JIS-2004などがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/257

コメントする

最近のブログ記事

朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…
National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
情報処理学会から山下記念研究賞を頂いた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…

広告