第3水準漢字で頑張る出版社

| コメント(0) | トラックバック(0)

アウトドア系の雑誌などを発行している出版社に、(えい)出版社という会社があります。

この「枻」という字はJIS第3水準漢字なのですが (面区点番号1-85-56)、いまだに、いつでもどこでも使えるようにはなっていません。2000年の時点でベンダが覚悟を決めてJIS X 0213対応を進めていれば今ごろは第3水準も平気で使えるようになっていたのでしょうが、残念ながら現実にはそうなっていません(「文字コードの失われた10年」)。枻出版社のウェブサイトでは自社のことを「エイ出版社」のように片仮名で記載しています。(ちなみに枻出版社のウェブページはUTF-8で符号化されています)

漢和辞典によると、この字には船をこぐ「かい」の意味があるそうです。ベンダが第3・第4水準を冷遇する中でもこの字を社名に使い続けるのには、こめられた深い意味でもあるかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/246

コメントする

最近のブログ記事

『プログラマのための文字コード技術入門』第7刷決定!
拙著『プログラマのための文字コード技術入…
名字の第3水準漢字:「㞍」
先日テレビを見ていたら、人名の名字にJI…
JISの幽霊漢字が大正時代の新聞にあったように見えたという記事
JIS X 0208の幽霊漢字についてT…
Jアラート訓練メールで文字化けとのニュース
一昨日のことですが、中国・四国地方から文…
任俠の第3水準漢字
ユーモラス、と言っていいのか分かりません…

広告