アイヌ作品展の片仮名

| コメント(0) | トラックバック(0)

北海道開拓記念館の作品展の情報を記したウェブページに、JIS X 0213にあるアイヌ語表記用の片仮名をうまく記せずに困っている形跡を発見しました。

アイヌ語で「カンナ イカㇻカㇻアㇱ ルウェタパンナ」(また、あたらしいものを作りました)と書かれているのですが、PCで「ㇻ」(JIS面区点番号1-6-90)や「ㇱ」(JIS面区点番号1-6-79) が入力できないと見えて、こうした小書きの字を所謂ハンカクカタカナで記しています。

紙のチラシをスキャンした風な画像の中には、こうした小書きの字がきちんと記されています。

リンク先のウェブページはUTF-8で符号化されています。UTF-8ならこれらの字も符号化できるのですが、入力方法がない、あるいは存在はしていても利用者にとって分からなかった、といったところなのでしょう。

さらに、北海道開拓記念館自体のウェブサイトにもこの作品展のページがあるのですが、ここでも文字コード的な解決策はとられず、HTMLのfontタグでサイズを調整することで対処しています。

やはり、文字入力環境の問題が大きいように思えます。JIS X 0213にちゃんと対応した文字入力ソフトウェアが普及していれば、こういう苦労は今頃なくなっていたのでしょうが...。

なお、Mac OS X では、ことえりにアイヌ語入力方式が実装されているので、アイヌ語のローマ字綴りから片仮名に変換できます。また、SKKのJIS第3・第4水準漢字辞書やそこから派生したAnthy用の辞書を使えば、「ら」や「し」から小書きの片仮名に変換することができます。

この作品展はちょうどいま開催中のようです。興味のある方は足を運んでみてはと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/213

コメントする

最近のブログ記事

なぜ『プログラマのための文字コード技術入門』の改訂新版にはSKKと Emacsの話が入っていないのか
拙著『[改訂新版] プログラマのための文…
朝鮮半島の訃報の第3水準漢字
朝鮮戦争で韓国軍として活躍した白善燁氏が…
テレワークの環境改善〜CO2濃度をチェックする
テレワークの問題点 新型コロナウイルスの…
エンジニアHubにて「文字コード再入門─ Unicodeでのサロゲートペア、結合文字、正規化、書記素クラスタを理解しよう!」公開
「エンジニアHub」にて記事を執筆しまし…
National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…

広告