函館で食べたホッケ

| コメント(0) | トラックバック(0)

この前函館に行ったとき、実に美味しいホッケをいただきました。

根ボッケという種類のものだそうです。なんでも、ホッケには縞ホッケと真ホッケとがあり、真ホッケの中でも海の底の方にいるのを根ボッケというのだそうです。

これは東京あたりの定食屋などで食べるものとはもちろん、札幌で普通に食べられるものと比べてもずっと美味しいように感じました。私のごく主観的な印象ですが、別次元のうまさです。

ウェブを検索したところ、函館ではこの魚の名前を店名にしてしまった居酒屋まであるようです。それほど美味しいということなのでしょう。

北海道、特に函館でホッケを食べるときは、種類に注意してみるといいと思います。「根ボッケ」だったらたぶん当たりです。

ちなみにホッケは漢字では魚へんに花、「𩸽」と書きます。もともとJIS X 0208やUnicodeにはなく、JIS X 0213で第4水準漢字、面区点位置2-93-44に追加されました。Unicodeにはのちに面02に追加され、U+29E3Dという符号位置にあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/208

コメントする

最近のブログ記事

National Geographic Your Shot で Daily Dozen に選ばれた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
情報処理学会から山下記念研究賞を頂いた話
ブログをさぼっている間に時間がずいぶん経…
Go と Rustの文字列
Go言語における文字列はUTF-8のバイ…
『[改訂新版] プログラマのための文字コード技術入門』のページ作成
発売されてから半年以上経ってようやくのこ…
『[改訂新版]プログラマのための文字コード技術入門』発売!
ばたばたしていて当サイトの更新も怠ってい…

広告