冬の函館・札幌に遊ぶ

| コメント(0) | トラックバック(0)

年末年始に函館と札幌に行ってきました。西日本では雪が多く降っていましたが、函館や札幌は雪も降らず気温もあまり下がらず、穏やかな年越しとなりました。

箱館奉行所

函館・五稜郭の中に、箱館奉行所の建物が復元されました。これは幕末に建てられたものですが、明治維新のためにわずか7年後に解体されたというもの。内部を見学すると、可能な限り忠実に復元するよう努力されたことがわかります。

Russian Orthodox Church in Hakodate / ハリストス正教会

定番の観光地、異国情緒の代表格、函館ハリストス正教会。地元ではその鐘の音からガンガン寺という愛称で呼ばれているそうです。この教会はギリシャ正教ですが、すぐ隣にはプロテスタントの聖ヨハネ教会があるかと思えば向かいにはカトリックの教会があり、至近距離にはさらに仏教の寺があってと、いろんな宗教・宗派が仲良く混在しているエリアです。

Old Public Hall of Hakodate Ward / 旧函館区公会堂

これも定番、旧函館区公会堂。ハリストス教会からも近くです。この付近一帯は見所の宝庫です。

Sapporo White Illumination / ホワイトイルミネーション

札幌ホワイトイルミネーション。大通公園で1981年から行われており、もう30年にもなります。なんとなく西2丁目・3丁目でやってるイメージが強かったのですが、今年は4丁目に新しいのがお目見えしたそうだし、実は1丁目から8丁目まであるそうです。その辺の事情をよく知らないで行ったので、ちょっと見落しが多かったように思います。次回はWebサイトで下調べしてから行こう。

Sapporo TV Tower in winter / 冬の札幌テレビ塔

大通公園の東端、札幌テレビ塔。

Ōdōri park in winter / 冬の大通公園

冬の大通公園はこんな感じ。

Funky snowman / しゃくれ雪だるま

街行く人が作っていったのだろう、こんな雪だるまも見かけました。

Tongue / ペロッ

札幌・円山公園にある円山動物園は、年末の休みのあと、元日から開園しています。雪の中のホッキョクグマを見られないかと期待していたのですが、なんと出産のためお休み中とのこと。かわりといってはなんですが、オオカミなどを見てきました。オオカミは雪の上で元気でした。

オオカミのじゃれあい

じゃれあうオオカミ。痛くないのかな...。

Eating / まるのみ

アザラシの餌やりタイムに出食わしました。見物客のいるすぐそば、雪の上で餌やりしていました。子供にも餌やり体験をさせていました。

カーリング

アザラシが雪の上をぽよんぽよん歩くところを間近に見られました。こうして見るとカーリングの石のようです。

Raccoon dog / エゾタヌキ

エゾタヌキ。毛皮のせいか、貫禄があるように見えます。

まだらのウサギ

干支企画ということで、ウサギをとりあげていました。この企画、来年はやるのかな...。

雪の動物園といえば、旭山動物園のペンギンの散歩などが有名ですが、ここ円山動物園もなかなかいいと思いました。

今後は、ホッキョクグマの子供が無事に育って、デビューしてくれるといいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yanok.net/yanok/mt-tb.cgi/206

コメントする

最近のブログ記事

日本の文字は「表イメージ文字」でいいのか
笹原 宏之『漢字に託した「日本の心」』 …
Creative Commonsライセンスの作品は無条件で使って良いわけではない
他人の写真や文章を盗用・コピペする「キュ…
「小樽雪あかりの路」の魅力
北海道の冬のイベントというと札幌の雪まつ…
libiconv に JIS X 0213がない場合
GNU libiconvはJIS X 0…
「キュレーション」なる語について
DeNAのキュレーションサイトWelqの…

広告